つるいちのぺージ2月
大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link

fandango t-shirt banner

吠えろ!ファンダンゴ!!

Tsuruichi in the younger

#5 もうすぐ春がやってくるのです。

寒い!寒い!何でこんなに寒いねん!今年は暖冬であるなどと去年からさんざん言われてきたけ れど、やはり冬は冬で寒いものである。この寒さに負けたのか?歳をとったせいなのか?どうな のか解らないが、今年になってから3回も風邪をひいてしまった。(もしかして他の病気かも解 からないが)そう言う今も鼻をかみながら、この原稿をかいている。
ところで皆さんはどうお過ごしでしょうか?もうすぐ春ですね。キャンディーズの曲にも有りま した『雪がとけて川になって流れていきます もうすぐ春ですねえ〜』季節の変わり目に自分を 変えようとしている乙女心を歌った名曲なのだが、私はこの曲を思い出して妙に嫌な気分になる のだ。何を隠そうこの私が小学4年生の頃、生まれて始めて買った音源が「キャンディーズ・ベ スト」という名のカセットテープだったのだが、私が生まれて始めて行ったレコード屋にはその 「キャンディーズ・ベスト」が2種類あって、1つは480円でもう1つが2300円だった。 お金の無い小学4年の私は、もちろん480円の「キャンディーズ・ベスト」を手に入れた。そ の時は凄く嬉しかったし、有頂天になって友達にも聞かしまくったのだが、それも後の祭りだっ たのだ。次の日、その「キャンディーズ・ベスト」のジャケットを自慢気に見ていた私はある事 実に気ずいたのだった。タイトルは「キャンディーズ・ベスト」なのだが、何とアーティスト名 のところには「キャンディーズ」では無くて「トリオ・ザ・キャンディー」と書かれてあったの だ。今から思えばそれはそれで面白いのだが、その当時は凄いショックで泣きながら弟をどつき まわしたのを覚えている。
まあ、そんなことはどうでも良いのだが、我がファンダンゴもようやく雪解けを迎えようとして います。フキノトウが芽を出すがごとくファンダンゴは動き出そうとしています。はっきり言っ て今までのファンダンゴは積もる雪をそのままにしていた状態でしたが、今からはその雪を掘り 起こして何か新しいものを探していく事にしようと思っています。簡単に言わせて頂ければ、私 達ファンダンゴは今から始動するのです。まだ、現時点では曖昧な事しか言いませんが、これか らのファンダンゴのブッキング、ファンダンゴのスタッフ、ファンダンゴの動きに注目していて 下さい。とりあえず、その1つの始まりとして4月29日の土曜日に京都のSUN FISHと大阪の 夕凪そして神戸のCOMMERCIAL DRIVEの3バンドを集めてファンダンゴでファンダンゴによる ファンダンゴの為のイベントを開催します。今現在、大まかに決まってるのは、それだけですが これからのファンダンゴの動きを変えていくイベントになる事は間違いないので是非4月29日 はファンダンゴに集まってください。よろしくお願いします。
えらい昔の話やら先の話やらしましたが、今月はこれにて失礼いたします。それでは、皆さん、 風邪などひかぬ様に春が来るのを待ちましょう。
ウオオオオ〜〜〜〜〜〜〜、今日もビ−ルがうまいぜ!!!
(TSURU1 KATO)

1/25 live report 1/28 live report 2/04 live report 2/11 live report Fandango Art

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com