つるいちのぺージ3月
大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link

吠えろ!ファンダンゴ!!

Tsuruichi and his pals

#6 何とか動き出したのです。

皆さん!お元気ですか?僕は元気です。季節は冬から春に変わり、寒さは暖かさに変わり、 椿は桜に変わり、卒業、転勤、引っ越し、と回りの物全てが変わっていくそんな時ですが、 こんな時にこそポカポカ陽気に誘われて昼寝しまくるのも良し、近所の公園でビールを飲み ながら一日中マンガを読むのもいいだろうし、動物園なんかもいいかも?そんな今日この頃 ですが、この季節の変わり目を皆さんはどう過ごしますか?ファンダンゴは動き出します。 ここ数年のファンダンゴを振り返って見て色々と考えてみたのだが、全然動いていなかった。 それこそ昔は、FANDANGO ALL NIGHT (一年間を通してファンダンゴで活躍したバンドを 総括して行うオールナイト・イベント。 出演:ウルフルズ、リクオ、ガーリックボーイズ、 ほろほろ鳥、等)、FANDANGO NIGHT 東京編(出演:電気GROOVE、BOREDOMS、THE EASY WALKERS、RUMBLE FISH、等)、FANDANGO RECORD設立、等、ガンガン動いて いた様な気がする。その頃は、バンドの意識も高く、それと同様にファンダンゴの意識も高 かったはずだ。お互い盛り上げていこうと言う意識の上で成り立ったイベントであった事に 間違いは無い。今、ファンダンゴを取り巻く状況の中で一番欠けている部分である。ライヴ ハウスがバンドを盛り上げ、バンドがライヴハウスを盛り上げる、その相互関係によって何 か新しい物が生まれるのではないのだろうか。このままで良いのか? 他のライヴハウスは どうでもいいけど、ファンダンゴは違う。やはり何かを創っていきたいし、情報の発信元と して生きていきたい。そう言う気持ちでファンダンゴ主催のイベント「ROCK SIDE」の1発 目を4/29に開催します。出演は「夕凪」「SUNFISH」「COMMERCIAL DRIVE」の3バ ンドです。どのバンドも個性的で独自のロックスピリットを持ち、尚かつ向上心に満ち溢れ た素晴らしいバンドである事は間違い無いので絶対に面白くなると思います。このイベント が、これからのロック・シーンなりライヴハウス・シーンに何らかの影響を投げ掛けられれ ばとも思います。是非ともこのイベントに参加して下さい。何かが動き出すかも・・・・。 チケットはファンダンゴ、チケットぴあ、にて発売中。問い合わせは俺まで。それでは失礼。
ウオオオオ〜〜〜〜〜〜〜、今日もビ−ルがうまいぜ!!!
(TSURU1 KATO)

2/20 live report 2/29 live report 3/01 live report 3/08 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com