大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002/07/17(Wed)   
RAYMOND TEAM/曽我部恵一/GAME

GAME live at Fandango 07.17.02
GAME
曽我部恵一 live at Fandango 07.17.02
曽我部恵一
ああ、素晴らしい今日、待ち望んでいた7月17日。終始笑いっぱなし。もう、興奮しすぎて前日は眠られなかったぐらいだ。 クマをつくりながら挑んだ今日のライブは、もちろん人がわんさかわんさか、 溢れんばかりの歓声だった。1番手はGAME。ファンダンゴでは、久しぶりのライブでかなり音がロック調に変化されていた。 いつものステージをポップに飾ってくれる演出が今回なかったのが残念。その分音に力が入っていたとあたいは、思った。 MCなしの高速20分ライブは、モノ足りない気分にもさせられた。 そして、2番は待望の曽我部恵一の登場。記者会見のようなフラッシュの嵐、ハードコアのような叫び。 う〜ん凄すぎる。アコギ1本の座り型ライブは、静かにはっぴいえんどのカバーで始まった。 そ〜そ〜その声、あ〜懐かしい、じ〜んと胸に響くそのギター、あ〜うっとりしちゃうわ。 も〜その帽子で顔が見えないわ。9月にリリースされるアルバムの中からの曲が中心だったが、 なんと!なんと!サニーデイ・サービス時代の夏の名曲♪サマーソルジャーを披露してくれたの!やはり 皆さん感動でしょ〜。んも〜とろけちゃいそうよ。曽我部恵一が終わると、足早に店を出て行くのは 失礼だぜ。この野郎。 そんで今回の主催者でもあるRAYMOND TEAM。う〜ん相変わらず男前バンドだ。複雑な音の絡み具合が あたいの心をひきつけ、踊らせる。熟しまくっている魅惑のRAYMOND TEAMは一癖もニ癖もありまくり。 最後のしめは、RAYMOND TEAM+曽我部さんとのセッションだ。これまた懐かしい名曲♪恋色の街角 ♪百年後の世界をRAYMOND TEAMよりにアレンジしたもの。以外とおもろいもんだ。 この日のチケットは取れなかった人も大勢いたはず、あたいのこの興奮しまくった文章と写真で お楽しみ下さい。それにしても、今日は腰くだけたわ〜。
(写真:大平まどか /文:24)
RAYMOND TEAMlive at Fandango 07.17.02
RAYMOND TEAM
曽我部恵一live at Fandango 07.17.02
曽我部恵一+RAYMOND TEAM

go to truchan's 0209 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 020809

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com