大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002.10.6(SUN)   
"ROCK SIDE 020"
スムルース/Voo Doo Hawaiians/THE NEATBEATS

スムルース live at Fandango 02.10.06
スムルース
スムルース live at Fandango 02.10.06
スムルース
すっかり肌寒くなった10月の良き日に、我々ファンダンゴが世界のロックファンにお送りしているスーパーイベント「ROCK SIDE」 の記念すべき20回目が開催された。全世界から集まった約200人のお客さんが見守る中、まず最初に登場したのは、大阪が世界に 誇る若手ロックバンドの筆頭「スムルース」である。小気味よく連発されるポップなナンバーで体を揺らし、嫌味なくサラッと聞かせる バラードで胸を動かし、エネルギッシュなMCでノックアウトである。良いメロディー、良い歌詞、良いステージ、これからが本当に楽しみ なバンドである。9月末と10月末に連続リリースされた彼等のCDがタワーレコードで売っているので、そっちの方もヨロシクです。 さあ、お次に登場したのは、中山加奈子率いる「Voo Doo Hawaiians」だ。彼女の小さな体から発せられる強烈なロックンロール・ナンバーの 連発で客席はノックアウトである。前回のライブでギターを叩き折った彼女だが、今回はそれを更に上回るような凶暴なステージであったと 感じた。次のライブは、12月10日ファンダンゴにて。非常に楽しみにしている。 「ファンダンゴ15周年」そして「ロックサイド20回目」のトリを飾るのが、ロックンロールの貴公子「THE NEATBEATS」だ。 ゴキゲンなロックンロールでファンダンゴは大揺れ状態!軽快なナンバーと痛快なMCで、そこに存在するもの全てを飲み込んでしまう。 本当に素晴らしいバンドだと思う。奴らのライブにハズレなし!次のファンダンゴは、12月12日。もちろん、ワンマンショーだ。 絶対来て下さい!!今回のロックサイドを見て「やっぱりロックって素晴らしい」そんな事を感じた1日でした。 ちなみに次の「ROCK SIDE」は12月29日です。
(写真:なっつ/文:KTO)
 V.D.H live at Fandango 02.10.06
Voo Doo Hawaiians
 V.D.Hlive at Fandango 02.10.06
Voo Doo Hawaiians
THE NEATBEATS live at Fandango 02.10.06
THE NEATBEATS
THE NEATBEATS live at Fandango 02.10.06
THE NEATBEATS

go to live report 021005 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 021016

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com