大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002/04/28 (sun)   
『ROCK SIDE 016』
ストレンジ・ヌ―ド・カルト/tobacco juice
スムル―ス/propeller

Strange nude cult live at Fandango 4.28.02
ストレンジ・ヌード・カルト
tobbaco juice live at Fandango 4.28.02
tobbaco juice
前日に引き続いての『ROCKSIDE 016』。前日のちょいと激しめのロックサイドとは 打って代わってちょいと毒あるポップなバンドによる今回のロックサイド、昨日の空気感が 良かっただけにファンダンゴの期待感も当然上がります。 まずはROCKSIDEではお馴染みのトリオバンド『ストレンジ・ヌード・カルト』が ピンクフロイド!のSEで登場。客席の空気を伺いつつも自身のセンスの良い楽曲を繰り出し 客席も暖まったところで最後の曲、あっ!と言う間の35分でしたね。そして次なるバンドは ROCKSIDE初登場、東京からtobbaco juice。G,b,Dr,Voのレゲエ・ブルースを基盤にラップ・ HIP HOPのエッセンスを加えたロックバンドで、関西でのライブは今回2回目の若手バンド。 で、ライブの方はと言うと良く言えば「我が道を通した!」ライブでしたね。(笑)でも、 ファンダンゴの求める『ライブ』はまた違うんですな、これが。(笑)まあ、素材は良いバンド なんでこれからどう転ぶかが楽しみなバンドの一つですな。 で、次に登場したバンドは大阪で急成長を遂げている『スムルース』。先月のワンマンライブで 一区切りが着いて新たな道を模索し始めたかな?というライブでしたが、Voトクダの歌詞と楽曲は 相変わらず良いっすね!次回ワンマンが楽しみですな。そんなこんなで、前日よりもう一つ テンションの上がらないROCKSIDEを締めてくれたのが『propeller』!ライブとはなんぞや! ってなことを見事に見せてくれました。いやあ〜、伊達に年食ってませんな。(笑)最高っす。 今回のロックサイドで改めてライブの素晴らしさ、大事さを実感しましたね。2日間通して来て くれた人も沢山いたみたいで、どうもありがとうございました!で、皆さんはどないでしたか?                             
(文10-4/photo ウダツ)
スムルース live at Fandango 4.28.02
スムルース
propeller live at Fandango 4.28.02
Propeller

go to live report 020427 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 020502

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com