大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2003/01/18 (SAT)   
PORT / honeydip
cellophane

port live at Fandango 030118
port
cellophane live at Fandango 030118
cellophane
あっと言う間に正月も終わり、正月ボケも覚めぬままダラダラしていた僕ですが、 個人的にも楽しみにしていたのがこの日がやって来ました。そう、ファンダンゴ ではお馴染みの、トランスポップの雄"honeydip"主催のイベント"Effect"ッス! 数々のハイクオリティーなバンドを迎え、たっぷりとバンドを堪能できるこの イベントに今回は"port"と"cellophane"が出演するとなれば、そりゃ楽しみに しない訳がないもんね。 で、最初に登場したのが"port"。昨年はCDをリリースし勢いに乗るkey,G,Drという 3ピースの人力トランストリオの彼等だが、今回のステージでは「Blue in Blue part 1〜3」のみの曲だけで45分タップリとジャムセッションのフィーリングを 前面に打ち出したライブでした!昨年迄とはまた違った今日のライブは、新たな portの始まりといったところでしょうか。いずれにせよ、今年も要チェックです。 次に登場したのが、御存知の"cellophane"。今回はpec抜きの5人編成での登場 でしたが、「ルキアーノ」から始まり「カナリア」「STARDIVE」と淡々と演奏する 彼等は堂々たるものでした。流石です。中盤には新曲を織りまぜ「summer garden」 「Congratulations!」で締めるライブはcellophaneの懐の深さを良く表しています。 次回のライブが、非常に待ちどうしい限りです。 さて、この"Effect"を締めに登場したのが"honeydip"!「The Breakfast Club」 「Suicidal Summer Rider」とゆったりと会場を包み込み、「Flashdance」 「Give me up」「Galaxy Surf」と一気にテンションを上げるステージは、まさに 関西のトランスポップシーンを代表するものですな。地元大阪だけではなく東京でも 支持を受けるのもうなづけます。ラストは「Cure」で幕を閉じたこの日。 次回の"Effect"が早くも待ちどうしい限りです。
(photo:245/text:10-4)
honeydip live at Fandango 030118
honeydip
honeydip live at Fandango 030118
honeydip

go to live report 030107 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 030126

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com