大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2002/2/1(SAT)   
『俺達の旅 vol.1』
STRUGGLE MINDS/ほろほろ鳥
野狐禅/スパルタローカルズ

STRUGGLE MINDS live at Fandango 03.2.1
STRUGGLE MINDS
ほろほろ鳥 live at Fandango 03.2.1
ほろほろ鳥
さて今回は、去る2月1日に行われたSTRUGGlE MIND企画の第一段!『俺達の旅vol.1』を お届けしましょうか。まずは企画者でもあるSTRUGGLE MINDSが登場、「夕日に吠える畜生一匹」 「虫けら」とアップテンポのパンク・ロックナンバーで140人近く入った会場を一気に盛上げる 彼等からは今回のイベントにかける意気込みがひしひしと伝わって来ましたね!ミドルナンバーの 「木枯らし旅人」を挟んで、「るろう道中道半ば」「夜ダカの星」で締めくくる彼等のステージは 激しくも哀愁満ちあふれる素晴らしいものでした。今年の彼等の活躍が楽しみです! 次に登場したのが、ファンダンゴではお馴染みの『ほろほろ鳥』。「偶然の人」「極東より愛を込めて」 と彼等しか持ち得ない『ほろほろ鳥』の世界へ引込むステージは流石!「山があるから」では 上半身裸の邦ちゃん(Vo)のギターもカッコよかったです!ラストは「永く永く」で幕を閉じた 今回のほろほろ鳥は何時に無くロックでしたね。 ほろほろ鳥の残した余韻の中、登場したのが東京から『野狐禅』。p&G,Voのアコースティック ユニットであるこの『野狐禅』、「酒と泪と」「少年花火」「泪橋」と曲名をみても分かるように ひたすらPUNK&FOLKでした!真直ぐに突き刺さる歌詞と彼の歌声は充分にお客さんに響いていました! この日最後に登場したのが福岡のスパルタローカルズ。シンプルながら緻密にアレンジされた バンドサウンドにメロディーあるVoスタイルは、まさに次世代のロック/パンクです。文句無しに カッコ良かったです!
さてさてこのSTRUGGLE MINDS企画『俺達の旅』、次回は4/25(金)に開催決定です! 見逃さない様要チェックです。
(photo: 245/text: 10-4)
野狐禅 live at Fandango 03.2.1
野狐禅
スパルタローカルズ live at Fandango 03.2.1
スパルタローカルズ

go to truchan's 0302 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 030107

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com