大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2003/03/21(FRI)   
『ACME03』
SPARKS GOGO

SPARKS live at Fandango 030321
SPARKS GOGO
SPARKS live at Fandango 030321
SPARKS GOGO
とうとうやって来た!13年のキャリアを持つウルトラロックバンドSPARKS GOGO、ファンダンゴ初の 登場だ。この13年っちゅう長い年月、メンバーは不動なんだからこりゃさすが!ガッツリと固まっている。 20日と21日の2デイズでライブは行われたが、2日目の日を皆さんにお届けしようと思う。 もちろんお客さんの入りは、200人を超える動員なんだからクソ熱い!ライブもクソ熱いのよ! 1日目と違ったメニューで進んでいったのだが、もうノリノリの新旧おりまぜの選曲だらけよ。 休む暇をあたえてくれないようだ。初めてのファンダンゴ出演なのに、なんだかもう何回も出演している ような気分にさせられちまったぜ。アップテンポの曲が多い中でのバラードナンバー ♪伝えたい事 は、じんわ〜りと染み渡るようでありんした。また、青い照明ともバッチグ−だ。ポーッとその曲に 浸っていると、v.o八熊氏『うわぁ〜〜おわぁ〜〜えっ〜〜!!!!』と強烈なおたけびを吐いてきた。 ある力をぶちまけるかのように、怒濤の6曲連続ヒットナンバーを見せつけられた。また、それを 受け止め答えてるお客さん。この対決引き分け勝負のようである。うん、うん。 もう、ライブではお馴染みの名曲 ♪鉛の朝 では、バンドとお客さんの一体感が素晴らしい。 いいねぇ〜感動したねぇ〜グッとくるねぇ〜。♪鉛の朝 を最後に本編は終了した。 もちろんアンコールも2回あったし、ガッツリ一球入魂ストレートライブはサイコーであった! ライブ中MCでv.o八熊氏『モトはとって行って楽しんで下さい』と言った。チケット代¥3800の モトは十分にとれた事でしょう。ストーンズもいいけどスパゴーを選んで正解!な夜であった。
(text&photo:245)
SPARKS live at Fandango 030321
SPARKS GOGO
SPARKS live at Fandango 030321
SPARKS GOGO

go to live report 030208 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com