大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2003.04.05 (WED)   
ズボンズ
guest:ザ・ノイローゼ・ボウリングセンター

ノイローゼ live at Fandango 030409
ザ・ノイローゼ・ボウリングセンター
ズボンズ live at Fandango 030409
ズボンズ
久しぶり登場「ズボンズ」がやってきた!今回ゲストに「ザ・ノイローゼ・ボウリングセンター」を迎えてのライブであります。 過激で熱くなりそうな予感は見事に的中! 最初に「ザ・ノイローゼ・ボウリングセンター」!ファンダンゴにも何度か登場して くれているバンドである。1曲目からベースとギターのデュエットで始まったステージ。ロックンロールバンドでありながら 聞きやすいテンポにメロディー、どことなくかわいらしさを持つこのバンド、初めてみるお客さんも違和感無くきけたのではないでしょうか。 毎回ステージの真ん中にボーリングのピン(バンドのキャラクター?)が置かれていて、いつもは結構しゃべる(メンバーが声色を変えている だけだが)のですが今回は緊張のせいか口数が少なかったのが残念だったが、全部で7曲と楽しませてもらったステージであった。 さてここで待ち焦がれた「ズボンズ」の登場!結成が1994年のキャリアはダテじゃない!出てきたとたんにお客さんのボルテージは 上がりまくっていました。むちゃくちゃに早いわけでもないリズムが、凄いスピード感を出している空気、それなのに浮遊感ももっていて熱い トリッキーなギター、むちゃくちゃに奥の深いロックで店の空気は一気に熱くなっていた。途中では客席にマラカスなどパーカッションの小物を 配ってすき放題に叩かせるなどの楽しさも入れてみんなが一緒になって遊んでいるような感覚に見えた。カッコよくて楽しい、 それでいてガンガンのロック、この日はホントに見られて得したーってライブだった。(照明もほとんど赤か青の二色だけで妖しい感じが 出ていて良かったのではないでしょうか。)今回本編8曲にアンコール2曲の内容だったのだが、曲が少ない!もっともっと聞きたい心境でした。 この日ファンダンゴに来られなかった人、「ズボンズ」をまだあまり知らない人、次は絶対に来なきゃ損するよ!
(photo:245/text:Gutch)
ズボンズ live at Fandango 030409
ズボンズ
ズボンズ live at Fandango 030409
ズボンズ

go to live report 030405 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 0304013

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com