大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2003/04/18(FRI)   
『DOCTORS OF MADNESS LIVE IN JAPAN 2003』
DOCTORS OF MADNESS / Sister Paul
guest:首狩族

首狩族 live at Fandango 030418
首狩族
Sister Paul live at Fandango 030418
Sister Paul
おお、知らぬ間に桜も散りあっという間にもう5月!早い!早すぎる!
ふと気付けばもう 年末なんだろなあ〜、きっと。そんなことを何気に思いつつ、今回のライブレポートは、 去る4/18に行われた『DOCTORS OF MADNESS LIVE IN JAPAN 2003』です。
この日のイベントチラシには『狂気の医師集団、遂に来日!』と書かれており、ライブの 写真には数名のドクターがステージ上でオペを行っているという、イカにも凄そうな感じの 写真が載っていたが故に、みょーな期待を抱いていたのは僕だけではなかったハズ。 いったいどんなライブになるんだろうか?と半分楽しみに、半分不安になりながら、まず 初めに登場したのが、京都代表のグラムサイケR&Rバンド『首狩族』。 今回のステージでは、怒濤ののR&Rだけでなく、サイケ色の強いステージで魅せてくれました。 次に登場したのが、東京グラムロック代表の『Sister Paul』。ここファンダンゴでは、 3回目の登場ですが、ヴェルベット色の強いこの3ピースバンド、とてもかっこいいです! 今回はDOCTORS OF MADNESSのバックを勤めることもあり、5曲のみのライブでしたが スリリングで安定感のあるライブはとても最高でしたね!次回のライブ、要チェックです。
さて、インターバルも置かぬ間に登場したのが、狂気の医師集団なる『DOCTORS OF MADNESS』。 「ああ、一体どんなライブになるのだろう?」と妙な期待をしている僕の前で始まったのは、 カウボーイハットを被ったおじさんとバイオリンを携えたおじさん2人による・トラッドフォーク ではないか。「えっっ?」と思ってる間にも、どんどんステージは進み前述のSister Paulが 加わり、アイリッシュ/UKロックのオンパレード!「おお、カッコいいではないか!」と、 思いつつも「20年前のライブをそのまま演る訳ないやんな〜。」と自分自身を納得させる 僕でした。因に、バイオリンで来ていたこのおじさん、何と故ジョー・ストラマーやポーグスにも 参加している強者だそうです。「こんな人もファンダンゴに来てくれる時代なのか〜。」と 名気に思う辺り、きっと年末まであっという間でしょうね、きっと。
(text:10-4/photo:245)
DOCTOR OF MADNES live at Fandango 030418
DOCTORS OF MADNESS
D&S live at Fandango 030418
DOCTORS OF MADNESS & Sister Paul

go to live report 030413 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com