大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

live report gif

    2003/05/16 (Fri)   

『ワン・ナイト・ジゴロ』
真空メロウ/カナデ/OO TERESA/ステンレス

真空メロウ live at Fandango 030516
真空メロウ
カナデ live at Fandango 030516
カナデ
雨が降ったり止んだりと、うっとうしい今日この頃、見事に晴天!やって来ました「ステンレス」主催の 「ワン・ナイト・ジゴロ」。今回も個性派揃いの面々でなんとも楽しい空間のファンダンゴでした。 トップバッターは「真空メロウ」。ステージに登場したメンバーのさわやかなイメージを覆す個性 ありまくりの楽曲!ポップなようで少し不思議なメロディー、新しい感覚に目を奪われました。 演奏曲は7曲だったのですが、もっと聴きたい気持ちにさせてくれました。次回のファンダンゴ登場が 楽しみです。次に「カナデ」こちらも3人のロックバンドであります。静かな中に徐々に伝わってくる 疾走感。ゆったりとした曲から始まり、スピード感ある曲、そしてまたゆったりと交互にテンポよく まとまった内容だったと思います。
3番手は「OO TELESA」はホントにライブバンドって感じですね! 前にファンダンゴで見た時よりも、さらにパワーアップしてファンダンゴに帰ってきました。 激しさは以前に増し、聴かせる所はじっくり聞かせるまとまりがありました。特に後半のバラード 「小春日和なら通り過ぎて」は聴き応えありまくりでした。 「OO TELESA」のバラードも「イイ!」ってところを発見できたようで、得した感じでした。  最後に「ステンレス」三人になってからすっかり違和感が無くなってきた最近、演奏もかなり安定感が増し、 「ステンレス」のもち味、高音域での心地良い歌声!耳になじむメロディー! お客さんもゆったりと聴き入っていました。欲を言えば昔の曲をもっと聴きたかったです。 そして無事「ワン・ナイト・ジゴロ」も終了しました。楽しいライブだったのですがもっとたくさんの お客さんに見て欲しかったのが心残りです。今回来られなかった人は次回「ワン・ナイト・ジゴロ」は 必ずくるように!
(photo:245/text:GUTCH)
OO TERESA live at Fandango 030516
OO TERESA
ステンレス live at Fandango 030516
ステンレス

go to live report 030514 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 030517

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com