大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

fandango16th Anniversary

live report gif

    2003/06/14 (SAT)   

『デキシード・ザ・エモンズ"EAT AND ANSWER TOUR"』
デキシード・ザ・エモンズ

デキシー live at Fandango 030614
ジュリー
デキシー live at Fandango 030614
ハッチ
デキシード・ザ・エモンズというバンドのライヴでいつも感じるのは、その独特な ライヴ会場内の空気である。混み合ってるにもかかわらず何故か余裕のある、変に ギスギスしていない良い意味でリラックスした感じ... それは、これまでバンドが 積み重ねてきたライヴへの絶対的な信頼から来るものじゃないかとボクは思う。 幅広い年齢層をそれぞれに楽しませて、初めてライヴに来た人にも疎外感を与えな いロックに対する深い愛のある空間がそこに創り出されてるのだ。実際みんながど んなふうに感じてるのかは分からないけど...

んでもって、今回のデキシード・ザ・エモンズのワンマンライヴ!ベースに強力な 新メンバー、ぷーやん(プーヤン?かな)を迎えてのファンダンゴ初登場!さすが にあの二人が選んだオトコだけあって、ぷーやんはライヴ1曲目から、あたかも以 前からこのバンドに居たかのような堂々とした(少々どっしりとした)存在感で ボク達を圧倒した。その後、アベ・ジュリーが言い放った『何処から、どう見ても かっこいい三人組』は、アンコールを含む全22曲、2時間を超える演奏でボク達 を一瞬も退屈させることなく楽しませてくれた!細かいことは自身の目と耳で確認 して欲しい!世界中、何処のライヴハウスでも、デキシード・ザ・エモンズなら ボク達を楽しませてくれるだろう。それだけ普遍的なものが彼らのライヴ会場には あるとボクは思う。

ちなみにファンダンゴでは、10月の11.12.13日に彼らの3daysが、 決定してるらしいよ...
(photo:245/text:加納)
デキシー live at Fandango 030614
デキシード・ザ・エモンズ
デキシー live at Fandango 030614
プーヤン
デキシー live at Fandango 030614
ジュリー

go to live report 030610 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 30618

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com