大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

fandango16th Anniversary

live report gif

    2003/07/10 (THU)   

『MARQULY PROGRAM JAPAN TOUR』
w/TOE/BEIRUT5/FLASH LIGHT EXPERIENCE

F.L.E live at Fandango 030710
FLASH LIGHT EXPERIENCE
BEILUT5 live at Fandango 030710
BEILUT5
今回はstiffslackの召致によりはるばるアメリカからMARQULY PROGRAMがやってきま した。対する日本のバンドはFLASH LIGHT EXPERIENCE、Beirut5、TOEの3バンド。 まず登場したのがCreepのキチジョウ氏、シマ氏をメンバーに擁するFLASH LIGHT EXPERIENCE。筆者は淀川の河川敷でワイン飲んで酔っ払っていて遅刻。 そのためラスト2曲しか観ることができませんでしたがVOIDよろしく「Explode!!!!!」 という言葉がぴったりのテンションの高いステージでした。この日のライブも Vo、Guのシマ氏の「We are FLASH LIGHT EXPERIENCE MotherFucker!!!!!!!!!!!」という 雄叫びで始まったのでしょうか?遅刻したことが悔やまれます。
続いてBeirut5。キーボードの脱退後行ってきたライブの中で一番タイトなステージ だったと個人的に思います。切り裂くようなジャギジャギのギターに高音ボーカル、 手数の多いドラムも絡まって無機質度金属度全開のサウンドを聴かせてくれました。 現在レコーディング中のアルバムが楽しみです。
3番目は東京のTOE。ギター×2、ベース、ドラムの四人編成によるインストバンド。 広がりのある美しいメロディー。このバンドはなんといってもドラムが素晴らしく、 最前列で観ていましたが手品のような素晴らしいドラムプレイでした。そして最後に MARQULY PROGRAM。ヴィブラフォンを多用したこちらも美しいサウンドを聴かせてく れるインストバンド。凄まじい集中力で機械のように正確に演奏されるヴィブラフォ ンの音色は酔っ払った頭に心地よく響いてウットリさせてくれました。

最後にお知らせです。FLASH LIGHT EXPERIENCEのキチジョウ氏主宰のレーベル Shining Aprilによる企画「Shining Sound System」のVol.5が9/18(木)にファンダ ンゴで行われます。 出演は約五ヶ月ぶりの来阪となる東京のENVY、そしてドイツからYAGE、大阪泥酔パン クthe futures、そしてもちろんFLASH LIGHT EXPERIENCE。みなさん是非遊びにきて ください。
(photo:245/text:2g73)
TOE live at Fandango 030710
TOE
MARQURY PROGRAM live at Fandango 030710
MARQURY PROGRAM

go to live report 030708 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 030720

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com