大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango16th Anniversary

live report gif

    2003.8.15 (FRI)   
『スクイズメン
“THE WORLD OF THE PEACOCK”レコ発』
スクイズメン/25m FLOATER
/ASTROLOVE/HAWAII 1200

25m FLOATER live at Fandango 030815
25m FLOATER
ASTROLOVE live at Fandango 030815
ASTROLOVE
今回で3年ぶりになるミニアルバムになる“THE WORLD OF THE PEACOCK”の発売記念に集まった3バンドが今回のイベントを盛り上げてくれました。 そのトップバッターを務める「25m FLOATER」。シンプルなロックにナチュラルなギターの歪み、ポップなメロディーをラフに演奏している感じが とても聞きやすい!始めて聞く人もかなり入りやすい音楽だと思う。その空気を変えたのが2番手「ASTROLOVE」。 ファンダンゴでもかなりの馴染みが出てきたこのバンド、普段のメンバーの明るさからは想像できないほどの真剣さ!深みあるゆったりとしたリズムで ありながら激しく熱い演奏が始まると、不思議な雰囲気がステージを覆い、浮遊感の中で心地よい流れをかもし出していました! そしてマイルスのSEで登場の「「HAWAII1200」は、なんとも変わったダブバンド!キーボードやシンセにピアニカも加わってなんとも色っぽい音楽。 そのピアニカの音色がトランスのような心地よさがありながら、かわいさを感じさせるポップ感!それでいてファンクの匂いを感じさせつつ、 正確な演奏でじっくり聴ける安心感、なかなかいいもの見たって感じでした。最後にこの日の主役「スクイズメン」! 今回のレコ発で「スクイズメン」の印象が変わった人も多いのではないでしょうか?今までは歌を大事にしているイメージが強かったのだがこの日の 演奏は今までによりうねりのある激しいギターの中できっちりとメンバー同士の息も合っていて、キーボードの音が独特の世界を作り上げて演奏に広がりを 持たせた上で、従来の優しくどこか切ないメロディーがうまく乗っかり迫力満点でした!今回のライブ成功が「スクイズメン」 次回ファンダンゴの登場を期待させてくれるものになりました!
(photo:245/text:GUTCH)
HAWAII 1200 live at Fandango 030708
HAWAII 1200
スクイズメン live at Fandango 030708
スクイズメン

go to live report 030809 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 030821

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com