大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango16th Anniversary

live report gif

    2003/09/11 (Thu)   

ザ・スピンドルス/ははの気まぐれ/
ベベチオ/BIRI BILI

BIRI BILI live at Fandango 030911
BIRI BILI
ベベチオ live at Fandango 030911
ベベチオ
残暑まっさかりな今日良き日、ザ・スピンドルス待望の2ndアルバム"SPINDLES IN BEAT POPS"発売記念 ライブでございます。なんだか和やかなこの空気、あたいの気持ちは非常に落ち着いている。 さあさ、燃え上がらせておくれ。本日のトップバッターは、京都を拠点に活動中のBIRI BILI。 ほんと、腰の低い男子三人組。いや、奏でる音はひねくれモノかも。そんな彼らのステージは、 沸々と沸き立たせるものがある。が、まだまだ今日以上に素晴らしいライブが、できるハズなので 期待しておこう。そして今をトキメク二人組デュオ、ベベチオ。懐かしさ、優しさ、ほんわかさ たっぷりの曲は非常に心地よい。うっとりしまくる女子、続出である。MCは、たいして おもしろくないのだが、なんかクスッと笑ってしまう雰囲気がいい。二人組というと、『暗そう〜』と 思われる方もいるだろうが、決してそんな事はないので、是非10月28日のベベチオライブ (ファンダンゴにて)観て頂きたい。お次はこれまた、京都系のははの気まぐれ。もどかしい恋の唄やら、 日常的な言葉の唄やら、甘酸っぱい感じにさせられる。それを、淡々と演奏をこなしていく彼等。 実にはは気まワールド満開である。そして名曲、♪僕んちの猫 をやり終えると、さっそうとステージを 下りて行った。う〜ん、不思議な魅力がツンと臭ってしまった。さあ来た!オオトリのザ・スピンドルスの 出番だ。スピンドルス的には、今回の対バンはほとんど初めてのハズ。そんな中でも、ロックソウルナンバー をこれでもかっ!というぐらいに見せつける。グルーヴィーなメロディーにのせて、スゥイートな唄声が ギャル達のハートにズキズキと刺さっているようだ。時折、哀愁漂わせる香りもキュンときちまう。 いつも観ているスピンドルスとまた違って、新鮮な気分で観れたようだ。あ〜熱い。 落ち着いていたあたいの気持ちは、いつのまにやらどっかいってて、今はこの燃えたぎる気持ちを どこにぶつけようかと悩んでいる。
(photo&text:245)
ははの気まぐれ live at Fandango 030911
ははの気まぐれ
ザ・スピンドルス live at Fandango 030911
ザ・スピンドルス
ザ・スピンドルス live at Fandango 030911
ザ・スピンドルス

go to live report 030906 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 030913

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com