大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango16th Anniversary

live report gif

    2003/09/13(SAT)   
『ツキホトトギスCD発売記念ライブ』
ツキホトトギス/ザ・リトルメロディーメイカーズ
AT HOME/ライカフル

ザ・リトルメロディーメイカーズ live at Fandango 030913
ザ・リトルメロディーメイカーズ
AT HOME live at Fandango 030913
AT HOME
ついにやりました「ツキホトトギス」のCD発売記念ライブ!前回、無料配布のCD「今も君を乗せて」も聞き応え充分の作品だっただけに 今回もかなりの出来であることに期待しつつ始まったこの日、最初に盛り上げてくれたのが「ザ・リトルメロディーメイカーズ」であります。 最初から演奏はガンガンにとばしまくり!それでいてどこか懐かしさを感じるストレートなロックンロール!かきむしるギターの中で暴れまくりのボーカル! 暴れまくっているのに声がガンガンに出ているのですごく聴きやすい!久しぶりに男っぽいロックバンドを見た!って感じでした。 続いて「AT HOME」こちらは少し落ち着きのある静かな音かと思いきや、いきなり激しく熱い演奏、内に秘める熱さのあるバンド! 歌詞などは素直で飾り気無く、人に伝えたい気持ちがバンバン前に出てくる感じでなかなか新鮮な音楽だった。これからどう進化するか楽しみなバンドの一つです! さて、またまた登場の「ライカフル」こちらはもうバンドの説明も要らないぐらいファンダンゴ常連バンド。 今回もロックかつポップできれいなメロディーを聞かせてくれた彼らだったが、いつもより少し荒々しく迫力はあったものの聞く人に よればちょっと雑にも聞こえそうで、今までのイメージとは違った印象に映りました。「ライカフル」がこれからどう変化していくのか、 次回からのライブが楽しみです!そしてついに登場「ツキホトトギス」!ムード歌謡から演歌まで感じさせるなんとも哀愁ある異色な存在の ロックバンド「ツキホトトギス」が新しいCD「もういいよ」を完成させてまたまたファンダンゴにやってきました! 一曲目、前回のCDから「夜に。」から始まり、新しいCDの曲を中心に、いつもの低くて渋く、甘い歌声を聞かせてくれました。 今回の新曲は今までに比べてギター、ベース、ドラム、各パート演奏も激しくテンポも速め、これまでのイメージをかなり変えた楽曲になっていて 「ツキホトトギス」の違った一面が出ていて面白いものに仕上がっていました。欲を言えば前の曲ももっと聞きたかったのですが、 それは次回10月10日(チケット代 1010円!)のファンダンゴ16周年イベントのライブまで楽しみに取っておくことにしましょう!

(text:GUTCH/photo:245)
ライカフル live at Fandango 030823
ライカフル
ツキホトトギス live at Fandango 030823
ツキホトトギス

go to live report 030911 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com