大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2003.11/5(wed)   
ソウル・フラワー・ユニオン/ズボンズ

S.F.U live at Fandango 031115
ソウル・フラワー・ユニオン
S.F.U live at Fandango 031115
ソウル・フラワー・ユニオン
ついにやって来ました、「ソウル・フラワー・ユニオン」が!「ズボンズ」とのジョイントでのツアー。 めちゃくちゃ濃い2バンドに、始まる前から見ごたえ聴き応え充分のライブになるのは確実! オープンしてゾクゾクやって来るお客さんに、流れている音楽は「ベシー・スミス」。 その歌声で興奮を和らげているかのような空気の中「サバイバーズ バンケット」で始まった 「ソウル・フラワー・ユニオン」。生で聴く「ニューエスト・モデル」時代から変わらぬ中川氏の 太く伸びる声に酔いしれながら、ガンガンに押して来る音に初めは呆然となるほど圧倒されまくり。 それをよそに曲はどんどん進み、途中ではベースJIGEN氏ボーカルの「夢は夜ひらく」のカバー、 これがばっちりハマっていてムード感たっぷり!さらにひで坊も参加しての盛り上がりまくりのステージ! あっちゅう間の約1時間が過ぎ、興奮冷めやらぬまま「ズボンズ」の登場。 こちらも、飛ばしまくり!暴れまくり!最近ではファンダンゴに馴染みまくっているせいか、 何の気兼ねなく演奏を楽しんでいるのが伝わってきて迫力満点!途中からサックスのHINOさんが参加。 ギターとサックスの掛け合いが緊張感ありまくりで、カッコイイ!勢いは止まる事無く後半へ、 そこでさらに中川氏と奥野氏も入っての豪華なセッション!この形は「ズボンズ」らしさが際立つ。 なんとも不思議な感覚になっていく音にメンバー、一人一人の演奏力の凄さに感動。 もちろんアンコールもあり無事終了。この日、両方のバンドの存在感、迫力を再認識させられながら、 さらに音楽の深さまで見せつけられた内容に、ただ、ただ感動の一日だった。
(text:Gutch/photo:245)
ZOOBOMBS live at Fandango 031105
ズボンズ
 ZOOBOMBS live at Fandango 031105
ズボンズ

go to truchan's 0312 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 031115

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2003 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com