大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004.1.12(MON)   
『バス”日常を生きる”レコ発ライブ』
バス/カナデ/and young.../旅芸者

旅芸者 live at Fandango 040112
旅芸者
カナデlive at Fandango 040112
カナデ
さてさて、今回はファンダンゴに出演するバンドの中でも若手バンドに位置する彼等、 『バス』のレコ発記念ライブをお届けしましょう。
まずはファンダンゴでは2回目の出演となる『旅芸者』。若干の力みはあったものの 自然と耳に残るメロディーと素朴な歌詞でカバー。これからの成長が楽しみなバンドです。 次に登場したのは『カナデ』。ここ数年でメキメキと実力をつけライブも好評な彼等、 印象残るギターのメロディーと緊張感有るグルーヴは、歌詞の世界観をグンと広げて いい感じでした。その『カナデ』の残した空気間に登場したのが、御存知問答不要の 『and young...』。久々のファンダンゴでのライブでしたが、抜群のライブを見せて くれました!一時たりとも目を離せないライブとは、彼等のライブを指すんでしょう、きっと。 見てない人は要チェック!です。で、そんなこんなで大トリは『バス』の登場。 CDタイトルでもある”日常を生きる”からスタート、彼等の持ち味である激しくも切なさ 溢れるメロディーとエモーショナルなライブはグイグイと観客を飲み込み、あっと言う間の 30分でした!短いながらも彼等の想いでもある「日常を生きる」という意味が充分に伝わる すばらしいライブでした。このイベントを見てロックの根源とは何かを垣間見た気がした、 そんな1日でした。次回のバス主催のイベントが早くも楽しみです。
(text:10-4/photo:245)
and young... live at Fandango 040112
and young...
バス live at Fandango 040112
バス

go to live report 040111 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 040114

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com