大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004/1/16(Fri)   
『PEAK WEEK』
LABCRY/ENON/54-71

LABCRY live at Fandango 040116
LABCRY
ENON live at Fandango 040116
ENON
僕が至福を感じる時。それは初めて出会うアーティストの、すばらしいパフォーマ ンスに出会った時である。今回出演した、LABCRY、ENON、54-71。すべて初めて見る アーティストであった。しかし、たまらない時間を得てしまった!  初めにLABCRYのパフォーマンスが開始された。まず楽器の多さに興味を惹かれた。 どんなんやろうかしらと期待膨らませていてホンマに瞬間で、僕好き。となってし まった。名前はわからないがゴリゴリのコンピュータ音をぶちかます楽器が僕としは たいへん好ましかった。終わってみれば心地よいの一言!えらいよろしい空間を演出 してもらえた。回りのお客さんを見ても目をつぶってゆらゆらしている人など気持ち よやそうにしている人ばかりであった。  次にENONのパフォーマンスが開始された。テンションがめちゃめちゃ高い!あのテ ンションの高さを見ているだけでも好感を抱いてしまった。めったに受けられない、 強い音の振動が伝わって来た。この音の振動が体の芯までしみこんでいくような感覚 を受けた。終盤に見せるドラマーのパワァーには圧倒された。  最後に54-71のパフォーマンスが開始された。失礼ながら読み方もろくにわからな かったのだが、54-71(ゴジュウヨンノナナイチ)のパフォーマンスがたまらなく カッコ良いい!個性。個性。個性。初めての体験。動き、表情、誠のパフォーマー。 あんな動きしてみてぇ〜。全く止まずに最後までやり通されたことにうっすら感動し つつ無心に見入ってしまった。また見てなぁ〜・・・ふふ。近々再びきはるらしいで すよ。ファンダンゴに。54-71。Live=生を体験すべきと思います。

(text & photo:YAMADA)
54-71 live at Fandango 040116
54-71
54-71 live at Fandango 040116
54-71

go to live report 040114 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com