大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004.1/27(TUE)   
CloveR/406/hi*limits/Unlimited Broadcast

CloveR live at Fandango 040127
CloveR
406live at Fandango 040127
406
まだまだ寒いこの時期、むちゃくちゃ熱いバンドが集まったこの日は、なかなか濃い空気が店の中を漂っていました。 最初にファンダンゴでは新鮮なメンバー全員が女の子の「CloveR」。見た目はとてもかわいい印象だがこれがなかなか熱いバンドである。 ロック主体ではあるが、パンクやポップ、歌謡曲の要素が満載で、迫力を持ちつつ、どこか切なさも感じさせ、聴き応えあるバンドでありました。 次も女の子主体のバンド「406」。こちらはファンダンゴでおなじみのバンドでありますが、今回でドラムのカスミ氏が脱退するらしく、 「406」の代表曲?「I Love You Darling」もいつも異常にガンガンに飛ばしまくっていました。三番手に「Hi*limits」の登場! 前回は「氷の世界」のカバーを聞かせてくれた「Hi*limits」。どこか懐かしく男臭い歌詞に、よく通る歌声は健在でした。今回は速い曲が多く、 最後にスローな曲を持ってくる所がなかなかの渋さを感じさせてくれました。そして最後に「UNLIMITED BROADCAST」!このバンドはホントに楽しい! しゃべりも楽しけりゃ演奏中の動きもどこか笑わせてくれる!だがこの日は少しだけイメージが違って、MCもそんなに入れず、 どんどん曲を繰り出してくる流れで行き、いつもの笑いより曲を重視する展開が迫力を生んで、とても厚い演奏に感じられた。 よく見るとこの日のバンド一つ一つはバラバラなキャラクターなのに、妙にまとまりを感じさせてくれて、なんとも不思議に充実した一日だった。
(text:Gutch/photo:245)
hi*limits live at Fandango 040127
hi*limits
 U.M.B.C live at Fandango 040127
Unlimited Broadcast

go to truchan's 0403 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 040129

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com