大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004.1.29(THU)   
『SET YOU FREE TOUR 2004』
THE VICKERS/DASH BOAD/銀杏BOYZ/IDOL PUNCH

THE VICKERS live at Fandango 040129
THE VICKERS
DASH BOAD live at Fandango 040129
DASH BOAD
ファンダンゴでもお馴染みとなったチバ氏主催の『SET YOU FREE』。全国各地の パンク/ハ−ドコア〜メロコア/ロックまで、パンチあるバンドばかりを会した粋の良い イベントの2004度初っぱなのライブが、この日行われることになった。 総合司会はIDOL PUNCH(frm 岡山)のVo:Racco。個人的には各バンドのライブよりRaccoが どんなMCをするのかが非常に楽しみだったのではあるが、蓋を明けてみるといやはやどうして、 テンポよく会場を盛り上げ自身のバンドの宣伝もちゃっかりとして、各バンドに繋げる一芸は 大したモノでありました。
で、肝心のライブの方はというと、まずは東京からはTHE VICKERSの登場。良い感じで ポップテイストあるパンク/R&Rナンバーをガンガンに演る姿、とてもカッコ良かったです。 お次はDASH BOAD。バンドの雰囲気的にはライブハウス的というよりもクラブ的なアシッドさ を持つバンドですが、グルーブでのせる彼等の好演ぶりは結構好きです。次回、来阪が楽しみです。 さてさて、お次は今回の目玉でも有るvの登場。映画"アイデン&ティティ"でもお馴染みの ex.GOING STEADYの峰田の率いる新バンドである。ファンダンゴでは今回が2回目の登場とになる銀杏BOYZ、 以前のバンドに比べ安定感が増した彼等のステージは、よりダイレクトに”生きざま”が伝わる ものだった。彼のステージでの唄う様は、他の誰よりも光を放ち全てを包み込む優しさをもつもので あり、このライブをファンダンゴで見れたこと誇りに思えるほど素晴らしいものであった。余談では あるが、『ジャガタラ』と『吉田拓朗』を無性に聞きたくなってしまたのは言うまでのない。 怒濤の銀杏BOYZのライブ後に登場したのが岡山からはIDOL PUNCH。とてつもなくfast&thrilling、 そして予測不能なステージングは、正にfast coreの雄!10周年おめでとう!これからもヨロシク! と声を大にして言いたいライブであった。今後の『SET YOU FREE 』、ますます楽しみな限りである。
(text:10-4/photo:リエゾウ)
IDOL PUNCH live at Fandango 040129
IDOL PUNCH
銀杏BOYZ live at Fandango 040129
銀杏BOYZ

go to live report 040127 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 040208

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com