大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004.3/7(SUN)   
ニプリッツ/まほろば楽座/ブギーパンツ

ブギーパンツlive at Fandango 04040307
ブギーパンツ
まほろば楽座 live at Fandango 04040307
まほろば楽座
浴衣姿にお面を着けた人が軽快にステップを踏み出し、その舞に見入っていた僕はステージ上の 足下ばかりみていたのですがその横に目を移せばブリーフパンツ姿の男性が意気揚々と楽器を かき鳴らしていておりナンナンじゃっ!?こりゃ?てな具合にして今日の催しは始まりました。  こんなパフォーマンスで登場したのは『ブギーパンツ』。 冒頭のように舞ったり、花吹雪をまき散らしたり、演技をしたり、プロレスを始めたり・・・ まさにやりたい放題!静と動を上手く織り交ぜた音には好感を抱きました。  続いては『まぼろば楽座』の始まり。メンバー全員が和服姿で登場。えぇ感じです。 僕が一番興味を惹かれたのはエレキ三味線と言えばよいのでしょうか?これが繰り出す音。 生で三味線を見る事さえおそらく初めて。三味線と共に奏でる音楽は初体験でなんとも うれしい気持ちになりました。  こんな変態的な催しの最後を飾ったのが『ニプリッツ』。おっちゃん。オッさん。おじ様。ベッピンさん。以上の4名で構成された『ニプリッツ』のパフォーマンスには圧倒されぱなっしでした。 僕は楽器の上手い下手は素人なのでよく分からんのですが、うぉぉぉぉおっ!上手い!と 直感的に思いました。またロックの概念もろくに知らないアホぉですがこれはロックなんだろう。うん。 間違いはないだろうと独りで勝手に納得してしまいました。
(text&photo:ウルトラ山田)
ニプリッツ live at Fandango 04040307
ニプリッツ

go to truchan's 0404 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 040307

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com