大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report link to Fandango band profile archives link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004/3/24(WED)   
『BANK$ 1st TOUR 2004/TOMORROW
〜俺たちに明日はある』
BANK$
(小宮山雄飛ソロ・プロジェクト)

BANK$ live at Fandango 040324
BANK$
BANK$ live at Fandango 040324
BANK$
ツアー最終日となる大阪公演がここ、KING OF LIVE BAR FANDANGOにて開催された。午後7時を少し 廻った頃、エンターテイメントショーの始まりを匂わせる音楽がかかり、BANK$登場!!待ち構えていた お客さんたちからの歓声が湧き上がる。ライブの幕開けは2月11日に発売された1st MAXI SINGLE 『TOMORROW』に収録されている『WONDERFUL WORLD』。ゆったりとした聴き心地に自然と体が右へ左へと揺れ始める。 続けて新曲。体はリズムを刻みながら揺れ動く。鍵盤の音が実に心地よい。 鍵盤から離れ、ハンドマイクで唄う雄飛さんを見て思う。やっぱりオーラがあるなぁ〜と。体が縦に動 いた後は、今後リリース予定のアルバムに収録されるかも?!という新曲も含め、ゆったりとした鍵盤ソ ングが続く。低音の響きをグッと感じたベースumuさん曲の『CHANGE YOUR MIND』、カバー曲なのに BANK$色が濃厚な『SMILE』も披露。終盤はアップテンポな曲でお客さんの心と体をガッツリあたため、 あっという間に終演。かと思いきや、ドラムのタカシさんひとりがステージに取り残され、自らのアン コールでメンバーを呼び戻す。しかしそのアンコールはサクっと終わってしまい、今度はお客さんから のアンコールがかかる。再びステージに上がったBANK$は、跳ばせる聴かせる選曲で、最後までぎっし り楽しませてくれた。ライブ終了後の会場にはお祭り気分なBGMが流れ、余韻も体に染み込む。きっと このまま、今の気分のまま、明日が来るのだろう。

(text:クニシマ/photo:YAMADA)
BANK$ live at Fandango 040324
BANK$
BANK$ live at Fandango 040324
BANK$

go to live report 040320 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com