link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004.5.3(mon)   
『ワン・ナイト・ジゴロ』
ステンレス/ジァイアントステップ/ザ・サイクロンズ
/片山ブレイカ−ズ&ザ★ロケンローパーティー

ザ・サイクロンズ live at Fandango 04040503
ザ・サイクロンズ
ジァイアントステップ live at Fandango 040503
ジァイアントステップ
ファンダンゴではもうお馴染みとなったステンレス企画の『ワン・ナイト・ジゴロ』。今回で7回目と なるこのイベント、毎回多才なアーティストを織りまぜ素晴らしいライブを見せてくれているのだが、 今回もまた一味も二味も違ったメンツが揃ったのである。 まず初めに登場したのは京都からはザ・サイクロンズ。テンポ良いR&Rナンバーで軽快に飛ばしてゆく ライブは気持ちのイイものである。お客さんのノリに若干戸惑いつつも、絶妙のMCとノリのいいライブ で大いに盛上げてくれました。さてお次は東京からはジァイアントステップの登場。安定感のある演奏と 違和感なく耳に響く楽曲は流石です。ただ前回見たライブとあまり印象が変わらなかったのが残念と いったところ。次回のライブ楽しみにしてます。次に登場したのが、個人的にはかなりお気に入りの このバンド片山ブレイカ−ズ&ザ★ロケンローパーティーの登場。まさかこのバンドが『ワンゴロ』に 出演するとは、ちょいと驚きと同時にこのバンドをピックアップしたステンレスのセンスの良さも ナイスである。ライブはというと、明らかに「陽」ではない見事なまでのR&Rショウであり、Vo片山氏の エネルギッシュなステージングは見ごたえ十分であった。次回のライブもこれまた要チェックである。 さて、大トリを勤めるはステンレス!Gを加え4人になり、ようやく息が合ってきた今回のライブは 以前よりロック色が増すと同時に、安定感のある演奏に見事に調和する大谷氏のメロディーは見ている人の心を大きく開いてくれる素晴らしいものであった。これからのステンレスの活躍がますます楽しみになる、 そんな1日でした。
(text:10-4/photo:YAMADA)
片山live at Fandango 040503
片山ブレイカ−ズ&ザ★ロケンローパーティー
ステンレス live at Fandango 040503
ステンレス

go to truchan's 0406 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 040511

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com