大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004/8/21(Sat)   
『第4回 泉州プライド〜血走り野郎共の宴〜』
バス/STRUGGLE MINDS/Wead/LOST IN TIME

Wead live at Fandango 040821
Wead
STRUGGLE MINDS live at Fandango 0406821
STRUGGLE MINDS
今回で4回を迎えたバス企画「泉州プライド」!始まる前から男臭さ満開で熱さと激しさのぶつかり合いを想像させる4バンドがこの日終結し、 火花をちらしながら汗をたっぷり流していました。最初に客席を熱くさせたのが「Wead」。4人編成のバンドで見た目の爽やかさからは打って変わっての激しさ! 自分たちの音楽を伝えようとする気持ちがどの曲にも感じられて思わず見入ってしまう迫力でした。2番手に「STRUGGLE MINDS」。 これが男だ!と言わんばかりの激しさを全身で押し出してくる3人の叫びがこの日も炸裂!ヴォーカルの北窓氏の血管が破けるのではないかと、 心配するぐらいの勢いでステージ、客席の温度を上げていた。次に登場の「LOST IN TIME」は、この日の荒々しさに合うのか?と思いきや、 落ち着いた雰囲気の中から突き上げてくる分厚いヴォーカル、キレのあるギター「LOST IN TIME」独自の男らしさで、全てを包んでしまう存在感、 「泉州プライド」に見事ハマっていました。さて最後にこの企画の主催者「バス」の登場!最初から気合に溢れた演奏でロック、パンク、 の壁を打ち破る楽曲で時に激しく、時に優しく歌い上げるヴォーカルには何故か目が離せない魅力があり、気が付けば全員が「バス」の中に取り込まれているかの ような気持ちにさせられる。ギター、ドラム供にソリッドある音も冴えておりこの日「バス」を思い切り堪能さてくれた!今回大成功に終わった「泉州プライド」、 これで止まらず、より面白い内容での「第5回 泉州プライド」が待ち遠しい限りである。
(text:Gutch/photo:245)
LOST IN TIME live at Fandango 040821
LOST IN TIME
バス live at Fandango 040821
バス

go to live report 040820 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 040827

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com