大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2004/12/15(wed)   
『カツラギSUNSET 第八夜』
aeronauts/ハネト/
STRUGGLE MINDS/DUSK

ハネト live at Fandango 041215
ハネト
STRUGGLE MINDS live at Fandango 041215
STRUGGLE MINDS
今回で第八夜になった「カツラギSUNSET」!毎回いろいろな顔ぶれで、さまざまなバンドが集まってのこの企画。 この日もポップあり、男臭さありで熱いライブが繰りひろげられました。トップに登場の「ハネト」。最初から独特な世界観のあるバンドで、 演奏的にはラウドなサウンドの中、ヴォーカルのメロディーが不思議な空間を作っている、それは語りかけているように歌うスタイル、 まるで詩を音楽に乗せて読み上げている様な変わった感覚にさせてくれた。二番手に「STRUGGLE MINDS」。 こちらはファンダンゴでは馴染みあるバンドの一つで説明不要かも?この日もパンクの勢い、演歌を思わせる歌いまわしの中に熱いロックを奏でており、 メンバー全員が体から出せる物全部吐き出して訴えかけるように汗まみれになっていました。三番目は「DUSK」。こちらも不思議なカラーのバンドである。 ポップなヴォーカルのメロディーなのにどこか荒々しさがありメッセージ性のある物で、それは他のメンバーにも通じるものがあり、 各パートの演奏も荒々しくそれがうまくまとまり、それが不思議とポップさをかもし出していた。最後に「aeronauts」。この日バンドの中では一番王道のロックバンド? に思える「aeronauts」、と思いきやさすがにバンド歴の長さがなせる技!この日のお客をグイグイ引っ張っていくステージはさすがなもので客席、 メンバー共一体になり、盛り上がっていました。特に今年の関西でのライブがこの日で最後というのもあったのか、メンバー全員が熱く、 いつもよりより一層に演奏する楽しさ、うれしさがこちらにもひしひしと伝わってきて、見ていて気持ちのいいライブだった。 今回の「カツラギSUNSET第八夜」も多いに盛り上がりをみせ成功に終わった。それだけに次回「第九夜」が待ち遠うしくてたまらない気持ちにさせてくれた。
(text:GUTCH/photo:245)
DUSK live at Fandango 041215
DUSK
aeronauts live at Fandango 041215
aeronauts

go to live report 041204 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 041217

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2005 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com