大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2005/6/4(SAT)   
『不思議な六月の夜』
サード・クラス/TOMOVSKY/ワタナベイビー/知久寿焼

サード・クラス live at Fandango 050604
サード・クラス
TOMOVSKY live at Fandango 050604
ワタナベイビー
闇夜を越えて、25人乗りの虹色のバスが十三ファンダンゴに辿り着いた。その不思議なバスには、サード・クラスの面々をはじめトモフスキー、 ワタナベイビー、知久寿焼という一癖も二癖もありそうな連中が乗り込んでいる。楽しそうだ。いったい何をやらかそうとしているのだ。 余りにも楽しそうな車中の様子に引かれた僕は、運転手に無理を承知で頼み込み、やっとの思いで不思議なバスに乗り込むことが出来たのは、 夕暮れ間近の午後6時30分頃であったように記憶している。車内は想像を絶する程の楽しい雰囲気で満ち溢れ、まるで別世界に迷い込んだかのような 感覚に落ち入ったのだった。そんな雰囲気の中、いきなりサードクラスが演奏を始めた。彼らが奏でるゆったりした感じのリズムに乗せてバスは走る。 そして、心地良いメロディーは街中に響き渡り、街中の人々はその不思議な虹色のバスに釘づけだ。そんな時、いきなりワタナベイビーがアコースティックギターを 持って、サードクラスをバックに歌い出した。相変わらずのキュートな曲の数々に車内は大盛り上がりである。感動のステージが「あっ」という間に過ぎてしまうと、 「次は俺に歌わせろ」と知久寿焼の登場である。暫くの間、サードクラスにはバスの最後部座席で休んでもらい、一人で歌い出した彼の個性的な歌声は何とも 言えぬ情緒をさらけ出す。再びサードクラスにバックを依頼し、更に曲の深みを増すのだった。車内の雰囲気も実に良い感じでピークに差し掛かった頃、 突然トモフスキーが登場した。問答無用のインパクトで歌いまくる彼の楽しそうな姿は、観ている者全員をその世界に連れていってくれる。恐るべき39才。 サードクラスとの息もピッタリだ。このバスはもう止まる事を知らない。永遠に続く楽園を、ゆっくりと徘徊しているようである。トモフスキーのステージが終っても、 バスは止まらなかった。車内はアンコールの嵐である。再びサードクラスがステージへ。そこからは、全出演者が順々にステージに登場し、 このツアーの為に作ったCDの曲を全て演奏してくれた。最後は、出演者全員で作った、このツアーのテーマソングである「不思議な六月の夜」を 全員で熱唱してステージは幕を落とした。僕は一生このバスに乗って旅を続けたかったが、それも無理なようである。運転手さんは、出演者の皆さんを乗せ 「また来年やって来るよ」と言い残して、25人乗りの虹色のバスは闇夜に消えて行った。皆さん、この楽しいバスの様子をもっと詳しく知りたいのならば、 CD「不思議な六月の夜」を手に入れてみて下さい。
(photo:245/text:加藤鶴一)
知久寿焼 live at Fandango 050604
知久寿焼
TOMOVSKY live at Fandango 050604
TOMOVSKY

go to live report 050602 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 050616

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2005 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com