大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2005.6.16(THU)   
『唄の友 vol.1』
ザ・アウトロウズ vs 下駄

下駄 live at Fandango 050616
下駄
下駄 live at Fandango 050616
下駄
以前から仲のいい「ザ・アウトロウズ」と「下駄」の二組が、「vs」と名打って今回ファンダンゴで初めてのツーマンライブ! 両者ともメッセージ性が強く、純粋さを大切に持ったバンドのぶつかり合いが楽しみな一日です。この二組をご存知の方はどちらが 最初に演るのか?と始まる前から楽しみに思った人も多かったのではないでしょうか?その答え、最初は「下駄」でありました! 女性ヴォーカル渡辺氏はこの日まるで「十三のアレサ」!のように迫力満点のステージ!声が少し嗄れ気味だったのがさらに迫力を出しており 小さい体をすべて使いきっての熱の入りよう!他のメンバーも初めは様子を見ていたのが徐々にヒートアップ! メンバーがひとつなっていくと「下駄」の本領発揮!アコギを使い聞かせる「鳥の唄」などは誰にも入ることのできない空間を 作り上げていました。途中「ザ・アウトロウズ」のヴォーカル森次氏がステージに乱入!?などのツーマンならではの場面もあり、 バンド同士のつながり、仲の良さを感じさせるものでした。その盛り上がりを受け継ぎ、いつもの「ブルースブラザーズ」のSEで 登場した「ザ・アウトロウズ」!いつもよりゆったりとした登場でステージに上がるとそこからはいつもの「ザ・アウトロウズ」。 ファンダンゴ登場するたびに安定感、ゆとりが確実に向上しているのが目に見えてわかる。「下駄」同様に聴かせる曲ではアコギを入れてしっとりと、 元気をくれる曲は激しくステージ狭しと動き回り、メリハリのきいた展開であきさせない内容、彼らの成長に驚かされるものがありました。 今回のツーマン「下駄」「ザ・アウトロウズ」共に、約一時間のライブで新たな可能性を感じたであろう彼らに、 これからワンマンなど色々な形での活躍に期待!ちなみに今回のために作られたCDを来てくれたお客さんに配布しておりました。 「1.鳥の唄/下駄 2.一本道/ザ・アウトロウズ」今回ファンダンゴに来られなかった人も、次回「友の唄 vol.2」には必ず来るべし!
(text:GUTCH/photo:245)
ザ・アウトロウズ live at Fandango 050616
ザ・アウトロウズ
ザ・アウトロウズ live at Fandango 050616
ザ・アウトロウズ

go to live report 050616 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 050623

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2005 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com