大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2005.12.14(WED)   
『ゴーストバスターツアー2005』
音速ライン

音速ライン live at Fandango 051214
音速ライン
音速ライン live at Fandango 051214
音速ライン
11月16日に発売されたアルバム「風景描写」のレコ発になる今回の「ゴーストバスターツアー2005」!ツアーファイナルになるこの日の公演は満員御礼! そんな事に何の気負いも感じさせない、いつもの「音速ライン」が「ゴーストバスターズ」のSEにのって登場!いきなりソリッドにインストからの スタート!何か不思議な間を入れられた後、間髪いれず「風景描写」からの「our song」。インディ時からの名曲「冬の空」。 ファースト・シングル「スワロー」と一気に駆け抜け、ここで一息入れるかと思いきや、たたみ掛けるように、「ヒグラシ」、「テンダー」、 「声」とまるで2回もオープニングを見られたような感覚にさせてくれた。そしていつものMCかな?と思いきや、この日「新曲を発表する」と簡単なもので 7曲目に突入、「音速ライン」のスタイルがみごとに表れている歌詞の「ここにいる」、「スナフ」、「未来サントラ」と続き、 やっと本格的なMC。客席の全員がまるで友達かのように喋るまったりとした「音速ライン」のMCは単純に楽しく、和やかに笑わせてくれる。 次に新曲!「ナツメ」の発表!続いて優しい気持ちにさせてくれる「まっ白い」を披露。ここでMCをはさんで後半へ突入! 素直な感情が伝わってくる「逢いたい」、哀愁を持ったポップな曲「逢瀬川」、「スローライフ」、そして本編ラストになる「街風」で締めくくった! もちろんアンコールで再登場!これぞ「音速ライン」と言わんばかりの曲「流星ライン」で無事この日ライブは終了。前回よりもさらにリラックスし、 余分な肩の力を抜いての「音速ライン」のライブは、「音速ライン」らしさに「風景描写」の素晴らしい楽曲が加わり、トータル16曲もの内容が、 物凄く短く感じさせるライブであった。次回のツアーもぜひファンダンゴで見たいものである!ちなみに来年の1月9日に心斎橋「club jungle」で インストアライブがあるので、そちらもチェックすべし!
(text:GUTCH/photo:245)
音速ライン live at Fandango 051214
音速ライン
音速ライン live at Fandango 051214
音速ライン

go to live report 051213 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 051224

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2006 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com