大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/2/25(SAT)   
『AH-WOOTRAPP その11~僕の秘密兵器編6~』
DEERHOOF/あふりらんぽ

あふりらんぽ live at Fandango 060225
あふりらんぽ
あふりらんぽ live at Fandango 060225
あふりらんぽ
2月25日 やって来ました! 『AH-WOOTRAPP その11〜僕の秘密兵器編6〜』  あふりらんぽとDEERHOOFと言う濃すぎる組み合わせ!おもしろくないわけがない!! お客さんも承知の上!OPENと同時に会場は超満員!!外国人のお客さんも多く今日は ひと味違うFANDANGO!期待の渦の中、登場したのはあふりらんぽ!登場するやいなや 本番前に見て来た淀川について語りだす。汚れきった川の水、杜撰に捨てられていっ たゴミの山、その現状と直面して生まれた悲しさやむなしさ、怒り…。「淀川にゴミ をすてるな〜!!」の叫びから激しいロックナンバーでスタート!!がなるオニのギ ター!震えるピカのドラム!一瞬であふりらんぽの世界に染まる会場!その存在感に 見入っていると、「パン!」と叫びながら袋からパンを取り出して「パン食べたい人 〜!」と会場のお客さんにパンを配りだした!?思わず吹き出しちゃいました!!曲 はアルバム『URUSA IN JAPAN』から“オニピカハート”“あふりらんぽ”“CAVA”な どと続き、最後にはオニがドラムを叩き、ピカがギターを弾くパフォーマンスも飛び 出し最高のステージを披露してくれました。そして次に登場はサンフランシスコから 来たDEERHOOF!!ノイジーなギター!深みのあるベース!強烈なドラム!そしてほん わかとしたSatomiのボーカル!ひとりひとりの個性剥き出しなのに音の強弱や変化が ドンピシャ!に合ってる!!4人が奏でる不思議な音の数々!!フリーキーな絡み合 い!!激しいテンポの変化!!すごすぎます!!曲が終わるたびに会場からはものす ごい歓声!!体を揺らさずにはいられない!曲はアルバム『The Runners Four』中心 に“Running Thoughts”“Wrong Time Capsule”“Twin Killers”“Midnight Bicycle mystery”“RRRRRRRIGHT”などなど。LIVE中盤ではChris(bass)のRADIOHEAD やCOLDPLAYを思わすような哀愁のある歌声も披露!そしてGreg(drums)がマイクを もって「ワタシハ、メチャ ウレシイ!!」会場もどっとわきました。最後はバニバ ニバニバニ、バニーバニー♪とかわいいアンコールまで披露してくれちゃいました。 内容の濃い最高のステージでした!!VIVA DEERHOOF!!
(photo:245/text:前田)
DEERHOOF live at Fandango 060225
DEERHOOF
DEERHOOF FANDANGO live at Fandango 060225
DEERHOOF

Q
go to live report 060221 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com