link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

    2006/6/9(Fri)   
『69のカフェ・オ・レーベル』
シュガーフィールズ/イッパイアッテナ/
千代田夏夫/平井正也ソロユニット(マーガレットズロース)
ゲスト:スタンバイズ(ヨーロッパ企画)

平井正也と宇宙銀行  live at Fandango 060609
平井正也と宇宙銀行
千代田夏夫  live at Fandango 060609
千代田夏夫
やって参りました久々の「シュガーフィールズ」、カフェ・オ・レーベル企画であります。 しかも今回は題して「69のカフェ・オ・レーベル」であります。 盛りだくさんの内容、個々にコクのある面々のステージであります。まず、ミニ写真展もかわいかったPants氏の司会での幕開け。 バンド紹介、物販物等の紹介後「Pants」の歌なるものを披露!その後ご存知「マーガレットズロース」平井氏のソロ企画 「平井正也と宇宙銀行」の登場。トリオ編成なのですが平井氏のギターとメロディー主体にドラムのリズムが 乗っかった上さらに、色々出てくる楽器に驚き!大正琴、ピアニカ、ヴァイオリン、ギターと様々な楽器が登場。 その一つ一つが自然に調和していて心地いい。優しい気持ちにさせてくれました。そもそも宇宙銀行とは、 やりたいことやっているとどんどん貯金されていくものであり、自分の心にある銀行の様な、 ほっこりさせてくれる物らしいです。ラストの曲「きみがくる前に」は、平井氏自身のお子さんのために作った曲だそうで、 とても感動的でした。次の登場は「千代田夏夫」の登場!こちらはピアノと美しい歌声でのシンプルなステージ。 こちらも独特な雰囲気を持った人物であり、クラシカルな気品高いオーラを持っていて近寄り難いのかな?と思いきや、 元々は京都出身らしく、MCはとても流暢で楽しいおしゃべりだった、そのおかげでステージとの距離が急に近くに感じました。 いざ曲に入るとそこは千代田ワールド!優しく、時には激しく流れるピアノ、そこにノビがあり、 突き抜けるように通る声が心地よく胸に響きました。トータル5曲と短めのステージでしたが、 次回もっとゆったりと聞かせてもらいたいと思わせるステージでした。次に「スタンバイズ」。 本来役者等で多種多様に活躍するヨーロッパ企画。彼らが今回チャレンジする企画は、楽器初心者の彼らが、 バンドを組み各自個人の練習のみでぶっつけ本番で合わせてライブをする事である。 初めにこの日までの過程を映像で流し、いよいよステージ!ラモーンズの「Blitzkrieg Bop」を 演奏するとゆうもの。映像で今までの過程を見ているだけにその演奏にある種の感動的なものが湧き上がってくる。 まるでテレビのドキュメント番組とバラエティーが合わさったようなこの楽しい企画に真剣に取り組んでいる彼らの 発想に入り込んでしまった。次はどんな企画で驚かせてくれるか楽しみである。 ちなみにリハーサルの段階でもバンドでは合わさないで、各パートだけでのチェックであり、 今回の企画への意気込みが感じられました。続いて「イッパイアッテナ」。 少しサイケでゆったりした空気で、このバンドも不思議なオーラがありながら、ナチュラルな空気を運んでくれる。 淡々としたように見えて、どこか切ない。冷たいようでポップ。何とも表しがたい「イッパイアッテナ」 未経験の方はぜひとも体感する事をお勧めします。そして最後を飾るのはもちろん「シュガーフィールズ」。 原氏の登場であります。スキンヘッドになった原氏に少しびっくりだったが、ギター、 メロディーは健在でポップな香りはやはり「シュガーフィールズ」そのものだった。 安定感はもちろん音楽そのものを操っているような感じで、きっとたくさんの音楽を取り入れて、 その中で「シュガーフィールズ」の曲は出来上がっただろうと単純に感動するものであった。 最初の3曲はつなげて、残りの曲は1曲ずつ区切る構成もなんとも渋かった。 さて今回の「69のカフェ・オ・レーベル」は、オリジナルのスピーカーの試聴など様々な遊び心満載での企画であった。 ぜひとも来年の「69のカフェ・オ・レーベル vol.2」の開催を願う!
(photo:245/text:GUTCH)
ザ・スタンバイズ  live at Fandango 060609
ザ・スタンバイズ
イッパイアッテナ  live at Fandango 060609
イッパイアッテナ
シュガーフィールズ  live at Fandango 060609
シュガーフィールズ
シュガーフィールズ  live at Fandango 060609
シュガーフィールズ

go to truchan's 0607 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 060610

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com