大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/7/14(FRI)   
Logistics/黒色青年/THE ANIMATIONS
/セックスマシーン

黒色青年 live at Fandango 060714
黒色青年
Logistics live at Fandango 060714
Logistics
7.14
この日は日中夕立が降ったり、雷がなったりと不快指数のかなり高い1日でした。 お天気がお知らせする何かの予感。。。

まずは黒色青年(コクショクセイネン)
本番直前までフロアにいたのに、そのままそれぞれが時間になったのでステージに上がる着の身着のまま感。 第一印象で下手の方のG.VOさんがバッドブレインズのTシャツを着ていたので、 多分嫌いじゃないな。と偏見バリバリで。 私が思う、数少ないファンダンゴが似合うバンド。(偏見なし) なにせ、メンバー一人一人の個性が四方八方に存在している。 線は太いようで細い。 しかし何が魅力ってちゃんと作品として消化済みの個性。 CDでしかこのバンドを知らないファンの方が居るなら、是非ライブを見た方がいい! と思います!

Logistics!!!
東京からトンでもないバンドがヤッテキタ!! 地上に舞い降りた最後のアクマだ! 初めは映像も流しながらのサザエさんのテーマで始まり、 そのスクリーンからは昔のタモリや工藤静香がハードコアに動き出す。 メンバーの衣装、動き、ステージのあんな人やこんな人。 見ているとどうしても口が笑ってしまう。 だけど彼らは面白い事をしにきた訳じゃない。

「何かをやらかしに」

やってきたんだろう。 まだ「何か」は定まっていない。だけど絶対「何か」をやらかしたくて仕様が無い。 そんな感じ。 その「何か」私は好感をもてました。 非常にロックバンドだ!!

THE ANIMATIONS!!!
何だかすごく落ち着く。 本日ファンダンゴに来てくれた方なら分かってくれる筈。 だけれどもしみ込む様々な音色とロックと事象。 結局は笑っている。 幸せになるロックは必要。 ロジスティックもアニメーションズもロック。 あーロックって素晴らしい。

セックスマシーン!!!
なんとエエ顔でステージに立つVOさんだ! こんなエエ顔は久しぶりに見た。 MCも非常に飽きさせない面白さ。 だけどきっと、拒絶される痛い経験を幾度も味わっている。 それでも手段は変えられない。 だからこそ、その経験は消化して自身の血に肉にできる。 やがてフロアの空気は解れ、体を動かせる。 何だか楽しくて仕様が無いバンド・・・ではなく、仕様が無い。楽しい。バンド。

(text:メキシ子/photo:245)

THE ANIMATIONS live at Fandango 060714
THE ANIMATIONS
セックスマシーン live at Fandango 060714
セックスマシーン

go to live report 060708 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 060716

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com