link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

    2006/8/11(Fri)   
『勝手に"OTODAMA '06"前夜祭』
神一重/コウドタクヤ(Bacon)/nobol/
サイケデリックハートブラボーズ/ベンベナッツ

サイケデリックハートブラボーズ live at Fandango 060811
サイケデリックハートブラボーズ
コウドタクヤ(Bacon)  live at Fandango 060811
コウドタクヤ(Bacon)
わーいわーい前夜祭だー!!
OTODAMAの前夜祭だー!!
勝手に祭りだ!!前夜祭だーーー!!

と言うわけで始まりました! 『勝手に”OTODAMA’06”前夜祭』

1発目に登場はベンベナッツ!! この日は急遽参加になったにも関わらず、 安定した演奏と愛嬌のあるMCで3曲と言う短い時間とは思えないほどの 存在感とロック魂をみんなの心に刻み付けてくれました!!  まぁ終演後の存在感も素晴らしかったですが(酔)w

2発目はサイケデリックハートブラボーズ!! 個人的に好きなバンドの1つですが今日も見せてくれました!! 彼ら独特のどこか情緒のあるロック。 そこに漂うサイケデリックな匂い。臭い。 けしてセンチメンタルに酔ってはいない。 と云々よりも、最後の方はただ体が動いていました!!

3発目は待ってましたよコウドタクヤ(Bacon)!! この日は始めから司会役として粋な浴衣姿で場を和ませてくれました! 彼がギターを持ち、歌い始めると和んだ場は徐々に ラッキーでハッピーな空気へと昇華してゆく。 そして音楽と楽しいMCが、少しずつなくなっていっていたステージとフロアの壁を完全に払いのけた。 最後に彼が立っていた所はやはりフロアのど真ん中。 気が付けばほとんどのお客さんが笑顔でしたよ。

4発目!nobolです!! ノボルと読むらしいです。 なごみ暖まったフロアにやわらかな風がのんびりとそよぐ。 ラッキーでハッピーな空気はnobol流に変化していく。 風で遊ぶ木の葉のイメージ。 力強いのに柔らかな雰囲気は女性が多いnobolならではなのかな。 素敵な性格を持ったバンドでした。

ラストの5発目!! 神一重!! ロックと言う核を自己実現というやわらかな毛布で包んでいる。 歌の中にでてくる「ボク」や「オマエ」はボーカルの愛さん本人なのかも。 自分自身を客観的に見すぎてしまう人特有の表現への恥ずかしさみたいなものを感じました。 フランクなMCもきっとそうゆう事なんだろう。 勝手な愛着を感じながらも吸い込まれているのはとにかく上手い歌、演奏。 次のライブも非常に楽しみです。

終演後、酔っ払っていない人を探すのが困難な程のマツリ感!! これこそファンダンゴ!という気がした夜でした!! なんだかんだ言いましたがこの一言に尽きます!! 「楽しかったーー!!!」と。 OTODAMAもきっとかなり盛り上る事だと思います!!!
(photo:245/text:メキシ子)
nobol  live at Fandango 060811
nobol
神一重 live at Fandango 060811
神一重

go to truchan's 0609 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 060817

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com