大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/9/26(TUE)   
『SHELTER 15th anniversary「SHELTER TOURS」』
SLOTH LOVE CHUNKS/54-71/RAZORS EDGE/TOAST

TOAST live at Fandango 060926
TOAST
SLOTH LOVE CHUNKS live at Fandango 060926
SLOTH LOVE CHUNKS
9月26日、東京下北沢にあるライブハウス「SHELTER」の15周年を記念して行わ れている『SHELTER 15th anniversary 「SHELTER TOURS」』がFANDANGOにやって来 ました。北は札幌、南は福岡まで10ヶ所を、SHELTERに所縁のあるバンドが出演す るこのツアー、どこで出演するバンドの組み合わせを見ても、めちゃくちゃ豪華なラ インナップです!もちろんここFANDANGOも素晴らしい1日になりました。まずは京都 から「TOAST」が登場!1曲目からエンジン全開!ゴリゴリのハードコアナンバーの 応酬!重いリフと叫ぶヴォーカル、高速2ビートの疾走感と絶妙のタイミングで織り 込まれたキメやブレイクが最高です。続いては東京から「SLOTH LOVE CHUNKS」で す。クールな佇まいから発せられる音からは、内面の熱さが感じられ、観ているこち ら側は徐々に彼らのステージに引き込まれていきます。ライブが進むにつれて、メン バーの動きも徐々に激しくなっていきます。そんな激しさの中に紅一点KAYOさんの ヴォーカルが乗ることで、彼ら独自のバランスを保っています。そしてこの日最も異 質な存在感を放っていた「54−71」が静かにステージに現れます。DrとBaが生み 出すループするリズムに、変幻自在のKeyの音色とエフェクトを掛ける事で1つの楽 器と化した声が妖しすぎるグルーヴを放ち、知らず知らずの内に脳みそトランス状態 に!気が付くとライブは終わり、また静かにステージを去っていきました。最後はも ちろん大阪代表「RAZORS EDGE」!スラッシュハードコアに様々な要素を盛り込み、 どんどん先へと突き進んでいく彼らのライブが始まると、FANDANGOは一瞬で 「RAZORS EDGE」の空気に一変!とにかく速い!だけどポップさもあって思わずシン ガロングしてしまう。今年結成10周年を迎えた彼らは、10月に10周年記念アル バムを発表するのでチェックしてみて下さい。そして、10月29日、FANDANGOでワ ンマンライブが行われます!チケットは前売でなんと1000円!!これはもうアル バムを聴いてワンマンライブに遊びに来るしかないでしょう!!
(photo:245/text:up)
54-71live at Fandango 060825
54-71
RAZORS EDGE live at Fandango 060825
RAZORS EDGE

go to live report 060916 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com