大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/10/14(FRI)   
『ファンダンゴ19周年記念 10/14』
『manten mountain 6合目』
bloom field/middle9/neonsign/Baffalo Denchi

neonsign live at Fandango 061014
neonsign
Baffalo Denchi live at Fandango 061014
Baffalo Denchi
もみじの葉が赤く染まり始めた10月、FANDANGOは19周年を迎えました。そしてこ の日、マンテン山の中腹では秋の紅葉にも負けない色とりどりな個性的なバンドが集 まり、いつものように祭を始めようとしています。「bloom field」が主催する 『manten mountain 6合目』、始まる前からビールの匂いと空き缶でいっぱいです。 そこへ現れたのはFANDANGOでもお馴染みの「neonsign」です。静と動が入り混じった 熱いライブを毎回披露してくれる彼ら、いつもは内へと向かう熱さを感じさせる印象 があるのですが、この日はしょっぱなから激しいステージングで、自分達の熱を全て 放出するかのような印象を受けました。先月末でDrが脱退し、新メンバーになってか ら初のFANDANGOでのライブだったのですが、そんな事は全く感じさせず4人の息は ピッタリです。メンバーチェンジもライブのステージングに影響を与えているのかも しれません。興奮冷めやらぬ中、続いて登場したのは福岡県からマンテン山の噂を聞 きつけてやって来た「Buffalo Denchi」です。叙情的なメロディーが秋の空気と絡み 合って妙な切なさを、熱い演奏がロックの昂揚感を同時に感じさせてくれます。激し いビートを刻むDrとBa、そこに絡む2本のGu、そして感情を吐き出すように歌うVoの 全てが1つになって、彼らの世界を作り上げていきます。祭も架橋に差し掛かった所 で「middle9」がステージに現れます。ジャズ、ファンク、ロックなど、様々な音楽 を取り入れた彼らが奏でる音は、聴く者の体を揺らし続けます。生音的な楽器編成と 音色のアプローチが、時には優しく、時には暖かく心に響き渡ります。VJによって映 し出される映像との相乗効果で、まるでいくつもの短編映画を観ているような気にさ えなってしまいます。ムーディーな雰囲気に包まれた中、いよいよ「bloom field」 の登場です。祭はまだまだこれからだと言わんばかりに、ビール片手にステージから みんなと乾杯し、無事に6合目に辿り着いた事を祝うかのように優しい歌声で歌い始 めます。実に牧歌的で今にも土の匂いがしてきそうな彼らの音楽は、古くから人間の 生活と強く結び付いていた祭のための音楽、人間臭さを感じさせる音楽です。こんな にもビール片手に体を揺らすのが似合う「bloom field」と『manten mountain』、7 合目ではどんな仲間と一緒に祭を開いてくれるのでしょうか。まだマンテン山に登っ ていないあなた、頂上目指してビール片手に騒ぎませんか?
(text:UP/photo:245)
middle9 live at Fandango 060908
middle9
bloom field live at Fandango 060908
bloom field

go to live report 061003 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 061017

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com