大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/12/10(SUN)   
SOUTH BLOW

SOUTH BLOW live at Fandango 061210
SOUTH BLOW
SOUTH BLOW live at Fandango 061210
SOUTH BLOW
12月10日、ついにこの日がやって来ました、「SOUTH BLOW」ワンマンライ ブ!!約2ヶ月前のファンダンゴでのライブを最後に、活動の拠点を東京に移してか らは初となるファンダンゴ、しかもワンマンライブとあって、開場から次々とやって 来るお客さんはみんな楽しみで仕方がなさそうな顔で、スタートを今か今かと待って います。客席の電気が落ち、いつものSEが流れ、ゆっくりとメンバーがステージに現 れます。1曲目『ココロノコトバ』から始まり、『春風』、『カナリヤ』とアップテ ンポなロックナンバーで待ちわびたお客さんを沸かせます。メンバーはみんな気合充 分、熱のこもった演奏を聴かせてくれます。MCも相変わらず和やかな感じで、全員と てもうれしそうで楽しそうなのが伝わってきます。中盤に差し掛かり、先日発売され た『愛のうた』や『白いキャンバス、白いクレヨン』といったゆっくりとした曲を挟 みつつ、感情を吐き出す様に歌う『Mirror』を披露し、より一層「SOUTH BLOW」の コトバとウタに引き込まれていきます。どの曲もウタがストレートに心に入り込んで 来て、気が付くとステージに見入ってしまっています。2回目のアンコールにも応え てくれた「SOUTH BLOW」のワンマンライブ、本当にあっという間の90分で、今の 彼らの全てを出し切ったライブであり、これからまだまだ大きくなりそうな期待も感 じさせてくれるライブでした。年明け早々、1月にもファンダンゴでのライブが決定 している「SOUTH BLOW」、2007年もきっと帰って来る度に大きく成長している ことでしょう。「SOUTH BLOW」のウタをまだ体験した事のない人も、すっかり引き 込まれてしまった人も、ファンダンゴに足を運んで一緒に彼らのステージを楽しみま しょう!!
(text:UP/photo:245)
SOUTH BLOW live at Fandango 061210
SOUTH BLOW
SOUTH BLOW live at Fandango 061210
SOUTH BLOW

go to live report 061209 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 061211

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com