大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2006/12/13(WED)   
『AH-WOOTRAPP その14~僕の秘密兵器編9~』
DMBQ/ELECTRIC EEL SHOCK/RAZORS EDGE

ELECTRIC EEL SHOCKlive at Fandango 061213
ELECTRIC EEL SHOCK
RAZORS EDGE live at Fandango 061213
RAZORS EDGE
本日最初に出てきたのはボロフェスタでのベストアクトっぷりも記憶に新しい ELECTRIC EEL SHOCK!!!
ガレージメタルといった最近ではあまり主流とはいえないジャンルなのに、 年齢性別を問わず盛り上げ倒してしまうのは、 どこか、「ネタか?」と疑ってしまう程の真剣メタル魂が確かに 目に宿っているから、何の衒いもなくお客さん1人1人を燃え上がらす。 日本人離れしたステージングや常人離れした演奏に、 もうドラムの人が全裸でもいいじゃん!! カッコイイって素直に思えたら他に理由なんかいらないっス!!と思う!!

続いて2発目に登場は我らがRAZORS EDGE!!
一瞬今日のメンツではもしかしたらアウェイかも? なんて心配はトイレの水にキレイに流しましたよ!! もう、めちゃくちゃはしるはしる!!! レイザーズを知らないお客さんが事実多い場所であそこまで メンバー自身が楽しんで汗かいたり飛んだりして居るのをみると、 こっちも楽しまないと損!!と思わせてくれ、 感覚的にも1番時間が早く過ぎたライブで。 となると、次に思うのはもっと見たい!また見たい!! こう思ったのは私だけじゃない筈です!!最高!!

最後に登場はDMBQ!!!
ノイズ的な要素が最近多くて、 分かりくいと思う人が少なくないのかなぁとも思いましたが、 やはりライブバンドで在り続ける迫力は衰える事を知らない。 むしろあれ?違うバンドじゃないの?っていうくらいの 安易とは全く違った分かりやすさもあるように感じられ、 これからのDMBQからまだまだ目が離せないと思うわけです。 もちろん最後はお客さんの頭上にドラムセットを組んで和田氏お神輿状態になっていたり、 いい意味で期待も裏切らないのが、矢張りぽさであり、DMBQですね!!
(photo:マエダ/text:メキシ子)
DMBQlive at Fandango 061213
DMBQ
DMBQ live at Fandango 061213
DMBQ

go to live report 061123 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2006 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com