link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2007/3/2(FRI)   

『ホンマのロックでしらふじゃいられない!!』
騒音寺/YAS OIL THE WELLCARS
/ファンキーパンキー

ファンキーパンキー live at Fandango 070302
ファンキーパンキー
YAS OIL THE WELLCARS live at Fandango 070302
YAS OIL THE WELLCARS
この日の面子でしらふじゃいられない!!「ファンキーパンキー」と「騒音寺」の スプリットツアー初日に「YAS OIL WELLCARS」が殴り込み!ホンマもんのロックが 入り乱れえらいことになりました。いきなり飛ばしまくっての登場は「ファンキーパンキー」 全員がスーツに身を固めの登場!激しさに渋さが加わってきた最近の彼らは曲のつながりが カッコ良くなってきた。最初から飛ばしていき間を空けずに3曲!なだれ込むように展開していく! そこが急成長していく「ファンキーパンキー」がひしひしと感じとれるところでは無いだろうか。 これまでもワンマンもこなしてきたりして、彼らのスタミナも限界が無くなってきているか のように感じる。彼らの持ち味の一つであるMCでもそのテンションは変わらずに盛り上がっていく。 そこで中盤にぐっと聞かせにかかるミディアムなテンポでたたみかけ、押し引きしてくる ステージングに取り込まれていく。このどこか怪しげで楽しくポップな「ファンキーパンキー」 最後は「人生はサイの如し!」で締めくくった。そんな彼は6月に東西でのワンマンを控えて おりまだまだ勢いは止まらない。なんとその前にもファンダンゴでの4月24日には「ズボンズ」 とのツーマンが待っております!これは見逃せない!続いてこれこそパンク、ロックンロール! といわんばかりに登場した「YAS OIL THE WELLCARS」。心地よくブルージーなイントロで始まり、 そこからはハープも加わり一発目「エナジー」で飛ばしまくりであります!ステージに立っただけで なにも言葉の要らない雰囲気と迫力。男のロックとはこれだと言わんばかりの音が、 ガンガン伝わって来る!ソリッドなギターでスピード感丸出しのステージ!溢れてくるビートは 軽快でいてズンズン腹に響いてくる。そんな「YAS OIL THE WELLCARS」を聴くときは 片手にビール!それで決まりである!この日「全くたりない」で締めくくり、全9曲を披露してくれた 「YAS OIL THE WELLCARS」又の登場が楽しみである。最後は「騒音寺」の登場!もはや 関西を代表するロックバンドである。ファンダンゴでも節目には必ず登場してくれる「騒音寺」 の魅力は底知れないものが盛りだくさんである。ロックでありポップであり、 サイケであり和なのである。ヴォーカル・NABE氏の有り余る独特のキャラクターがあって、 そこから発するあの魅惑的に響く低く通る声に、聴く人全て魅了されてしまうのではなかろうか! 他のメンバーもぱっと見強面だが、どこか近所の兄ちゃん的な優しさが垣間見える。 そんな5人が出す音も摩訶不思議!この日もNABE氏は全身ラメの衣装で登場。「きかん坊」 でスタート、続いて「墓に唾をかけろ!」と不思議な空気に一瞬で染まる! そしてMCで普通のおもろい兄ちゃんの喋り。緩急つきまくりである。そこから中盤「藪の中」へ、 またまたロックスターへ早変わりである。何とも掴み所が無い。だからこそどんどん「騒音寺」 に引き込まれてしまうのであろう!新しい曲が多い今回のステージであったが、 しっかり「乱調秋田音頭」も聞かせてくれ、アンコール「SO-ON★G」で締めくくってくれた。 そんな「騒音寺」の世界をより共感したい人は5月にファンダンゴで待望のワンマンが待っております! これは見逃せない!今回どのバンド共通する物がありつつ、男性も女性も全て楽しめる不思議な夜であった。
(photo:245/text:GUTCH)
騒音寺  live at Fandango 070202
騒音寺
騒音寺  live at Fandango 070202
騒音寺

go to truchan's 0704 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 070309

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com