大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2007/3/24(SAT)   
『第六回 平成ラリー塾』
GARLIC BOYS/locofrank/
バミューダ☆バガボンド

バミューダ☆バガボンド live at Fandango 070324
バミューダ☆バガボンド
locofranklive at Fandango 070324
locofrank
3月24日、昨年10月以来となる『第六回 平成ラリー塾』が開講されました! 2007年1発目となる今回は「バミューダ☆バガボンド」と「locofrank」を特別 講師として迎え、終始濃密な授業となりました。ラリー塾長の挨拶の後、7時ちょう どに「バミューダ☆バガボンド」による1限目がスタート。ドラム、パーカッショ ン、ベース、ツインギター、ツインヴォーカルの大所帯から繰り出される音の壁に、 1曲目から圧倒されます。高速リズムにベースの重いリフ、ザックザクのギターの カッティングによるメタルサウンドに、タイプの異なるツインヴォーカルとラップが 乗っかり、頭も体もタテに振らずにはいられません。スローで重い『ハイルラハイ リ』から、高速で荒々しい『沿道合掌』への流れや、ラストの『回天』でのツボをつ いた展開は流石の一言!休み時間を挟んでの2限目は「locofrank」の授業です。体 が温まった生徒達が、始まる前からステージ前へと押し寄せて、準備万端、授業開始 を待ちきれないといった感じです。1曲目『reason』が始まると同時にダイブの嵐! ホールの温度は急上昇!そんな生徒達の熱気に応えるように、ステージの3人もフル テンションでアッパーな曲を立て続けに披露。MCで「ラリー塾に出るのが念願だっ た」と語っていたように、彼らの気合いがひしひしと伝わってきます。大先輩2組に 挟まれながらも、なんら気負う事なく自然体で最高のパフォーマンスをしてくれた 「locofrank」のライブは他の2組にも負けない貫禄を感じます。本日最後の授業は もちろん「GARLIC BOYS」です!お馴染みのSEが流れると、あちらこちらから歓声が 上がります。より一層ステージ前の密集率が上がり、メンバーが現れると無数の拳が 突き上がります。間髪入れず曲が始まった途端、至る所でダイブ、モッシュが起こ り、フロアはぐっちゃぐちゃ。最新アルバム『群青』からの曲を中心にしつつも、幅 広い時代の曲を織り交ぜた構成で、昔からのファンはもちろん、最近入塾した生徒た ちもごちゃ混ぜになって大暴れ!みんな一緒に拳を突き上げシンガロング!!MCもも ちろん舌好調!大いに笑わせてもらいました!こんなに楽しい授業なら、1時間でも 2時間でも聞いていたいです。次回、『第七回 平成ラリー塾』は、特別講師に 「HAWAIIAN6」を迎えての2マンライブ!平成ラリー塾Tシャツを着用の上、登校 待ってます!!
(photo:マエダ/text:UP)
GARLIC BOYS live at Fandango 070324
GARLIC BOYS
GARLIC BOYS live at Fandango 070324
塾長

go to live report 070313 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com