大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2007/04/14(SAt)   
『CORE TIME vol.3』
HIGH VOLTAGE/Bleach/
マーヤ(KING BROTHERS)/ELECTRIC EEL SHOCK

マーヤ live at Fandango 070414
マーヤ
ELECTRIC EEL SHOCK live at Fandango 070414
ELECTRIC EEL SHOCK
今夜はすごい事になりそうだ!!「HIGH VOLTAGE」が天井知らずのハイテンションな ライブを繰り広げるバンドを招いて行われる『CORE TIME』、3回目となる今回も脳 みそ爆発、血管ブチ切れ必至の4バンドが濃ゆ〜い時間をつくっていきました!ス タート時間になり、まずステージに現れたのはキラッキラのシャツとバンダナにサン グラスをかけたファンキーボーイ、同じくサングラスをかけてギターを構える女の 子、そして「KING BROTHERS」のGUITAR&SCREAM、マーヤの3人。「こんばんは、夙 川ボーイズです」と自己紹介をすませて1曲目がスタート。横一直線に並んだドラム と2人のギターという編成から「KING BROTHERS」を思わせながら、8ビートにク リーントーンで2コードのシンプル且つポップなメロディーの曲でスタート。曲が終 わると、「センキュー」を連呼し、いつもとは違うマーヤのMCが入ります。2曲目か らはファンキーボーイと女の子がドラムとギターを交代し、マーヤはギターを置いて IGGY POPばりの動きでステージと客席を縦横無尽に動き回りながら唄い狂う!音が 鳴っていれば、それでステージを成り立たせてしまえるのは、音楽の自由さとこの上 ないテンションの高さの代物でしょう!!続いては海外でも活躍する日本発HR/HMバ ンド「ELECTRIC EEL SHOCK」です。お馴染みのSEが流れると同時に、煮えたぎる血を 抑えられないといった感じで、メンバーはステージを隅から隅へと動き回り、前に押 し寄せたお客さんは皆両手を上げてメロイックサインをつくっています。これから何 かの儀式が始まるのかと思ってしまうぐらい、ある種異様な一体感がファンダンゴを 包みます。曲が始まると、メンバーから放たれた熱いエナジーが一気にお客さんに引 火!さらにライブが進むにつれてその火はドンドン勢いを増して広がっていきま す!!爆音で鳴らされるダイナミックな曲の数々が鼓膜を突き刺した瞬間、無意識に 体が動いているあの感覚、これぞROCK!これがROCK!!彼らのライブを体験せずには 死んでも死にきれませんよ!!そんな「ELECTRIC EEL SHOCK」に誘発されるように 「Bleach」もしょっぱなからフルテンションです!それぞれの楽器が主張し過ぎなぐ らい個性的な音を出して主張し合い、それ以上に個性的で異なる3人のヴォーカルが 絡み合って、より深く、より重く、より激しくなっていきます。お客さんのテンショ ンもさらに上がっていき、頭が取れて飛んでいきそうなぐらいに激しく上下に振って います!これだけテンションの高いバンドばかりが集まった中で、最初から最後まで この日最もテンションが高かったのは「Bleach」のライブだったように思います。そ して『CORE TIME vol.3』最後はもちろん「HIGH VOLTAGE」の出番です!!ここまで の3バンドで出来上がった右肩上がりの熱気を飲み込んで放たれる彼らのステージ は、いつも以上に狂気に満ちていて、理性とは真逆のところにある衝動と沸騰寸前の 熱量とがギリギリのバランスを保ち、言葉では言い表すことのできない程全てを圧倒 していました。4人が出す音が1つになり、文字通り巨大な分厚い音の壁となって観 る者を飲み込む感覚は、彼らのすさまじいライブを体験しないことにはわからないで しょう。これからまだまだ一回りも二回りも大きくなる予感をイヤでも感じさせる 「HIGH VOLTAGE」に期待せずにはいられません!!

(text:UP/photo:マエダ)

Bleach live at Fandango 070414
Bleach
HIGH VOLTAGE live at Fandango 070414
HIGH VOLTAGE

go to live report 070411 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 070420

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com