大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2007/5/19(SAt)   
『独りってサイコー vol.1』
岩崎愛/シガキマサキ/
沢田ナオヤ/早瀬直久(ベベチオ)

沢田ナオヤ live at Fandango 070519
沢田ナオヤ
シガキマサキ live at Fandango 070519
シガキマサキ
独りってサイコー!記念すべき第一弾!

最初に登場した独りは沢田ナオヤさん! はい。この方いわゆる天才です。 呟く様な囁く様な空気感は一本のギターが奏でられ始めると、 ひゅっと聴く者の心をつかむ。 モダーンな短編小説はお酒がすすむ。 MCも良いおつまみです。

二人目の独りさんはシガキマサキさん! もう絶対的な優しさが人間からにじみ出ている方です。 小さな体で大きな器!!(失礼) 優しい詩、暖かなギター、せつないメロディー。 だけだと思ったら大間違い!! 芯に宿る九州男子の熱い魂はうかうかしてるとほらもうヤケドしちゃうんです。

3人目の独りさんはベベチオより早瀬直久さん!! 私は今回初めて拝見させて頂くのですが、 事前に渡した曲順表には「てきとーにいきます!」とだけが書かれており、 そして照明には「ロマンチックにお願いします!」と走り書きが。 絶対只者ではないな!と思った読みは見事に的中しました! 早瀬さんという引き出しの中は4次元空間のくせに畳がしいてある。 そしてなによりロマンチックである。 と言うことに非常に素直なメロディーライン。 時計をみるときっちり30分。 なんだか非常にプロだなぁと感心致しました。

そして最後に登場は独りってサイコー!イベント主催者! 岩崎 愛!! 岩崎の崎の右上は「大」じゃないんだぜ!「立」なんだぜ! でもパソコンでは出ないから・・・ってそんなウダウダしたことが言いたいんじゃなくってよ!! スタンドアップって事なんですよ!! 単純に本日の出演者さん全員ステージに足をしっかりつけて何にもまみれない 独りと言う個性を全員が見せてくれました。 それでも私が今宵1番際立って輝いて見えたのは岩崎 愛さんその人でした。

本当に歌上手いなぁって何回でも言いたい気分。 勿論当たり前に上手いんやけどね、 私が言いたいのはメロディーがとか専門的な云々じゃなくって。 100%感情です。 この人の「強さ」「弱さ」「優しさ」「暖かさ」は、 なんてゆうか好きな人にしか見せられない様なデリケートな部分が 1曲1曲に宿る感情と繋がって、 お客さん1人1人で個々に完成形と成る。 そして最後に岩崎 愛が全身で強さをプレゼントしてくれる。

ライブやなぁ。

本当にこのイベントが面白くなっていくのを感じました!! そんな見逃せないイベントがなんと7月にファンダンゴにて既に2回目が決定!! くるっきゃないっす!

(text:メキシ子/photo:マエダ)

早瀬直久(ベベチオ) live at Fandango 070519
早瀬直久(ベベチオ)
岩崎愛 live at Fandango 070519
岩崎愛

go to live report 070511 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 070525

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com