大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2007/8/16(Thu)   
talk to me/井上ヤスオバーガー/DOOKIE FESTA/空団地

空団地 live at Fandango 070816
空団地
井上ヤスオバーガー live at Fandango 070816
井上ヤスオバーガー
夏真っ只中、今年は例年に無い暑さだ。そんな時はファンダンゴでビールを飲むのが最高である! そんな時にぴったりなバンド達がこの日集まって暑さ、だるさをぶっ飛ばしてくれた。 最初に登場の「空団地」はこんな時にぴったりなバンドである!彼等の情熱はもちろん伝わってくるが、 それは決して押し付けがましい物では無く、自然に耳に入ってくる物であり、 爽やかで気持ち良い感覚になる。最後は「さよならゲーム」で盛り上げてくれた。 続いては最近頻繁にファンダンゴに出演してくれている、「井上ヤスオバーガー」である。 基本は弾き語りだが、今回はパーカッションを加えてのアコースティックスタイルで、 いつもと少し違ったステージが展開された。ギター一本の時には熱く心に響くメッセージを 歌い上げる「井上ヤスオバーガー」ではあるがこの日は、いつもに加えて軽快で楽しい空気に。 始まってすぐにギターの弦が切れてしまった時でも、ブルース調で歌いながら弦を張り替え 笑いを誘うなど、「井上ヤスオバーガー」本来の楽しさを演出するなど、初めて彼を見る 人達もゆったりと聴き入っていた。3番目には「DOOKIE FESTA」の登場。 こちらのバンドもファンダンゴとは長い付き合いになる。いつも安定し、素晴らしい メロディーと優しく気持ちのこもった演奏で楽しませてくれる彼等だが、 この日はセットリストで「DOOKIE FESTA」の幅の広さ、奥の深さを見た様な気がする。 彼等の楽曲は早いテンポもバラードも全て同じ情熱を保っているところにバンドとしての パワーを感じる。それを今回はミディアムなテンポの曲を大半に持ってきた。 それがまた彼等らしさをだし、見事にはまっていた。またさらに進化していくであろう 「DOOKIE FESTAに期待だ。最後に「talk to me」である。 こちらもファンダンゴにはすっかり馴染んできた感があり、演奏が始まるやいなや会場は 一気に盛り上がり、あっという間に「talk to me」の世界!最初から飛ばしまくりである。 それでいて圧倒される演奏力でホール全員がのみこまれていく。それはメンバーそれぞれの計り 知れないパワーと心底ライブを楽しんでいる気持ちを包み隠さずさらけ出している様が伝わって くるからであり、これは「talk to me」の最大の武器であると思う! 楽曲の素晴らしさは誰もが認めるところである「talk to me」がこの先 どこまで登りつめるのか目が離せない存在である。全てのバンドが熱さの中に涼しさを 体感させてくれた。そんな不思議な空間で飲むビールはやはりうまかった!
(text:Gutch/photo:245)
DOOKIE FESTA live at Fandango 070816
DOOKIE FESTA
talk to me live at Fandango 070816
talk to me

go to live report 070811 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 070824

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com