link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif
   

     2007/9/1(SAT)    

Naht「In The Beta City」Release Tour 2007!
Naht/スクイズメン/8 otto/
FLASHLIGHT EXPERIENCE

F.L .E live at Fandango 070901
FLASHLIGHT EXPERIENCE
スクイズメン live at Fandango 070901
スクイズメン
9月になってもまったく暑さがおさまらない今年の夏に、久々「Naht」のファンダンゴ登場に 集まったお客さんとバンドの面々!それぞれのバンドが存在感、迫力とも「Naht」に負けず 劣らずの強者!素晴らしいライブになるに決まってる。そんな中この日のトップは 「FLASHLIGHT EXPERIENCE」である。このバンドはハードな面とソフトな 面を兼ね備えた不思議な感じであり、色々な要素が含まれている。これは聴き手による捕らえ方で 大きく変化するであろう。それだけ「FLASHLIGHT EXPERIENCE」の懐の深さを 痛感する。この「FLASHLIGHT EXPERIENCE」は是非とも一度体感して欲しい バンドである!2番目に「スクイズメン」の登場。今や言わずと知れたバンドであり、 ファンダンゴでも幾度となく出演してくれている「スクイズメン」はこの日もいつもの様に 不思議な空間を作り上げていた。彼らは一言ではとても言い表せない物で単なるギターロック バンドではなく、電子的なリズムから生まれてくる浮遊感に乗っかるメロディーで 「スクイズメン」が出来上がっている。 今回も冷静なように見える中に秘めた熱いものを爆発させていた。 3番目は「8otto」今や関西での知名度は言わずと知れた物。4人編成ではあるがドラムが センターにセットされ、メインボーカルをとる形である。独特なリズムからなる彼等のグルーヴ感は 卓越したものがあり何処までも止まらずに進んで行く疾走感で全ての集中力を持っていかれる様になる! まだまだ変化していきそうな「8otto」。これからの動きに目が離せない。 さて最後は6月に新しいアルバム「In The Beta City」を引っさげて「Naht」の登場 である!ボーカルの盛樹さんがソロで出演していただいたのも随分前になる。それが「Naht」 となると本当に久しぶりである。そんな新生「Naht」の音はエモーショナルだけでは語れないもので あり、素晴らしい進化を遂げていた。本来のスピード感やソリッド感は勿論だが、 そこからさらにポップな響き、ダンサンブルな感覚で全面に打ち出されるグルーヴはただただ 圧倒されてしまう。活動休止前からメロディアスに変化していきそうな「Naht」は感じていたが、 今回久しぶりに見て、聴いて更に発展した楽曲に感服である。この先はどんな要素が生まれどんなライブを こなして行くのか常に変化し続ける「Naht」の次回の登場が待ちどおしい。 今回どのバンドもしっかりと聴かせてくれるものばかりで贅沢な一夜を楽しませてくれた。
(photo:MAEDA/text:GUTCH)
8otto live at Fandango 070901
8otto
Naht live at Fandango 070901
Naht

go to truchan's 0710 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 070901

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com