大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2007/9/9(Sat)   
『第十回 平成ラリー塾
~男は力一杯生きるのです~』
GARLIC BOYS/UPPER/dustbox

dustbox live at Fandango 070909
dustbox
UPPER live at Fandango 070909
UPPER
めでたい!平成ラリー塾の第十回目!!いつのまにか、もう十回も開催されていたんですね〜。 そりゃ、ラリー塾ティーシャツも、ヘロヘロになるっちゅう話ですよ。 個人的な話で申し訳ないですが、私のファンダンゴ勤務の初日が、平成ラリー塾の第一回目だったのですよ。(…なつかしい。) さ、本日のラリー塾は聴講希望生が多数の為、ファンダンゴはパンパンです。 たくさんの人が集まる中、ラリー塾長の挨拶にて、開校となりました。 まずは、特別講師のdustbox先生から。SEのBenFoldsが流れて、シュワーッと引き込まれていきました。お見事、SEマジック! 一曲目の『Try my luck』から、私も、ドリンク運びながら完全におちていきましたよー。ハイトーンボイスがたまらなくかっこよくて、曲が進むにつれてどんどん、どんどん…。何曲目がどうとか、何て曲がどうとかってよりは、ライブ通してよかったっていうか、全部含めて感じた というか…。そういう感じなのでした。初めてダストボックスを観ましたけど、楽しいライブを観せ付けられて、ズキュンて射抜かれたのでした。 続くはピザオブデスの新生児UPPER先生。 こちら、若い先生ですよ、音が、ずしりとしたバンドでね、お客さんからも、ガンガンに拳が挙がって、重圧感あるライブ。 『Resound Around』『Just Gone』はズンズン心に土足で踏み込んでこられる感じ。MCも、熱くUPPERの自分達のバンドの自信が伝わってきました。 ラストはガーリックボーイズ大先生。今日は50分という、長めの講義。 一曲目から『GARLIC BOYS』で、もう、一気に楽しくなる。『プレイバック小学時代』は、大好きな曲で「♪季節ハズレの春の雪と〜」のところの、セクサーさんのドラムがたまらないですね。『ハナクソマン』『ダメ男のメロディー』『荒野のさびしん棒』『電撃セラピー』などなど、最近の曲と、少し前の曲と織り交ぜられたライブは、もうお腹いっぱいな感じなのでした。 ラリーさんのMCも相変わらず冴え渡っていて面白かったなぁ。中でも、『和式で地獄』の前のMCはおもしろかった。この和式で地獄の意味は、トイレ、和式で大の方をするとき、しゃがまないといけなくて、太っているので地獄だぁという曲だそうで。失礼ながら笑ってしまいました。 『荒野のさびしん棒』にも隠された意味があるんですよね。今更ながら、ガーリックボーイズのユニークさに胸キュンでございます。 まだまだ聴きたい、観たいけれども終演、次へと繋がれます。いよいよ次回、第11回目の平成ラリー塾は、GARLIC BOYSワンマンであります。 これは皆様、制服(ラリー塾ティシャツ&ジャージ)着て、遅刻しないように登校してくださいよ〜ヨロシク!!

(text:ぬ〜こ/photo:245)

GARLIC BOYS live at Fandango 070909
GARLIC BOYS
GARLIC BOYS live at Fandango 070909
GARLIC BOYS

go to live report 070901
スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 070915

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2007 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com