大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2008/1/14(MON)   
ワッツーシゾンビ/MASS OF THE FERMENTING DREGS/
and young.../the NO


the NO live at Fandango 080114
the NO
and young... live at Fandango 080114
and young...
今日はとても楽しみにしていたのです。 おもしろそうな匂いプンプンじゃないですか。 個人的な話ですが、数年前、ファンダンゴで働くにあたって遊びに行った時に出演していたand Young...と MASS OF THE FERMENTING DREGSが、めでたく(?)ファンダンゴで再共演の運びとなっているわけで、新年早々、 初心に返る思いでこの日を迎えたわけであります。(モロ個人的な話ですみません。)では、早速ライブレポートを。 一番手はthe NO。初出演ながら、何度もこのステージに立った事があるかのような雰囲気のライブでした… 最初から最後まで。メンバーのミスを曲中であれ、MC中であれ、指摘するボーカル。頭の線が一本切れて いるんだろうと思わざるを得ない感じ。笑(誉め言葉ね。) でも、曲の方は、歌が丁寧に歌われるのでした。 続いてのand Young…は久々のファンダンゴでのライブで、ご存知かとは思いますがツインギターとドラムの、 ベースレスバンド。去年、新しいCDが出て以降、ここでは初めてのライブだったので、初めて聴く曲もありました。 加納さんの、オンとオフのギャップが、たまらんですよね。ゆるい歌声に反して、迫力がビチッとあるライブ。 CDの宣伝より先に、「今日、やんぐ屋、服少ないけど、可愛いセーターとかあるし。」って、 服の宣伝してたのがおもしろかった。 続いて、マスドレことMASS OF THE FERMENTING DREGS。CD発売を機に、バンド名を大文字表記にかえたということ。 彼女らの演奏、安定したドラムの上に、ゴリゴリとベースの音が鳴り、ギターの音が響く。その激しい音の上に しなやかなナツコさんの声がのる。心地よいとしか言い様がないんです。2月にはCDのレコ発イベントが ファンダンゴで行われます。CD聴いて、集まりよし! 最後は、本日の企画者ワッツーシゾンビ。久々。 曲目を書くセットリストには、「新曲1」「新曲2」「新曲3」・・・「新曲7」。。。ライブレポ泣かせ ですな〜。苦笑 正直、実際に新曲だったのか、7曲やったのかも、わからないけれど、怒濤のライブ。 バンド側の迫力はもちろん、フロアのお客様はステージ前に詰め寄せ激しくノっていて、こちらも迫力。 最後には、ドラムセット諸ともフロアに降り、フロアでのライブ。圧巻でした!! ぜんぶぜんぶ、おもしろい一日なのでした。



(text:ヌ〜コ/photograph:hiroshi maeda)

MASS OF THE FERMENTING DREGS live at Fandango 080114
MASS OF THE FERMENTING DREGS
ワッツーシゾンビ live at Fandango 080114
ワッツーシゾンビ
go to live report 080111 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 080118

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2008 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com