大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2008/3/27(THU)   
ワールプール/海老沢タケヲ/渡部百/空団地

渡部百 live at Fandango  080327
渡部百
空団地 live at Fandango  080327
空団地
ポカポカと暖かくなり、春がすぐそこまで近づいてきました。3月27日、FANDANGOではそんな春の陽気にぴったりな 爽やかな歌を奏でる4組が出演してくれました。1組目は事あるごとにFANDANGOに出演してくれる地元十三出身 「渡部 百」さんです。この日もいつもと同じように、特に曲順を決めずに、その時の気分で歌いたい歌を演奏していきます。 暖かい音色のアコースティックギターと、元気で伸びのある歌声で、ゆっくりとした時間を過ごさせてくれました。 すっかりお馴染みとなったコール&レスポンスで、FANDANGOはやさしい空気で包み込まれました。2組目は3ピースバンド 「空団地」です。軽快なミドルナンバー『朝焼け』でスタートし、ふわふわゆらゆらとした『No.10の惑星』と続きます。 やさしい歌声と、歌を前に出すアレンジの演奏で、聴いていて暖かくやさしい気持ちにしてくれます。 こちらもスローナンバー『どないしてんの?』でお客さんとのコール&レスポンス、最後までPOPなナンバーで、 爽やかさで満たされたライブでした。3組目は今年に入って毎月出演中の「海老沢タケヲ」さんです。 いつもはアコースティックギター1本の弾き語りですが、この日はパーカッションに和田兄さんを迎えて2人での 「海老沢タケヲ・オーケストラ(本人談)」ヴァージョンでのライブです。いつもの弾き語りスタイルも素晴らしいのですが、 この日のオーケストラヴァージョンも、1曲1曲の世界がグッと広がって、コーラスも入り、より一層素晴らしかったです。 ソウルフルで渋い声と、ファンキーでブルージーなギターが織り成す歌は必見です。 4組目は久しぶりの登場となる「ワールプール」です。アップテンポで爽やかな『キャンプファイヤー』から、 春らしいPOPナンバー『雨のハイウェイ』へと続き、心地よい風を感じさせてくれます。気持ちのいいリズムと軽快なギター、 爽やかで軽やかにスキップしているような音色のキーボードによる演奏と、これまた軽やかで爽快な歌声がのった曲たちは、 本当にやさしく暖かい春の陽気を心地よく届けてくれました。FANDANGOではバンドのライブの日はもちろん、 この日のように弾き語りとバンドが入り混じったじった日や弾き語りばかりの日もありますので、 新たな発見や素敵な音楽との出会いを求めて気軽に遊びに来て下さい。
(photograph:hiroshi maeda/text:UP)
海老沢タケヲlive at Fandango  080327
海老沢タケヲ
ワールプールlive at Fandango 080327
ワールプール

go to live report 080210 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2008 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com