大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2008/4/13(sun)   
『「金魚姫と蛇ダンディー」歌謡ライブinファンダンゴ』
楽市楽座と楽楽楽団/キング&ハートビーツ

キング&ハートビーツ live at Fandango 080413
キング&ハートビーツ
キング&ハートビーツ live at Fandango 080413
キング&ハートビーツ
開場すると、入ってくるお客様を出迎える劇団員の皆さん。 それぞれバラバラの衣装が光っていて、話を聞くと、今日の衣装、団長さんから与えられた テーマのもと、それぞれが趣向をこらしたもので身を包まれていたそうです。 「いらっしゃいませー!」と元気な声があちこちで響き渡ります。お客さんは、老若男女入り乱れて、 幅の広い客層。どうやら、お客さんにファンダンゴの場所がわかりにくかったようで、 おもてに迎えに行く劇団員の方もチラホラ。 ライブがいよいよ始まり、まずは楽市楽座の音楽を担当されているというキングさんのバンド、 キング&ハートビーツから。いつも心地好い歌の時間になります。 今日ももちろん、ゆるりと進みます。お酒を片手に体をゆすりながらのキングさんの歌は 絶品の酒のあてです。歌うキングさんを見ていると、その声は一体どこからやってきて いるんだろうと不思議な気持ちになります。ほんとすごい。とても素敵な声。 キング&ハートビーツのライブの後は、楽市楽座と楽楽楽団の登場。 今日の集まりは、過去二回と今回の、金魚姫と蛇ダンディーの出演者、総勢22名だそうで、 ステージの上が人でごった返してします。しかし、華やか!!金魚姫と蛇ダンディーの劇中歌を、 それぞれの出演者が、順番に配役とメンバーの紹介をされながら歌が展開されていくという構成。 動き(表現力)、表情、歌声、どれをとってもサスガだなあと思いました。ぽかーーんと見入ってしまいました。 それぞれの衣装が、ほんと、色々工夫されていて、アイデアがスゴイなあって、保育園の生活発表会やなんかを思い出しました。 団長は曲の演奏全体を、ギター演奏で支え、キング&ハートビーツ のキングさんとじゅんさんも演奏を支えられていていました。 また今年も金魚姫と蛇ダンディーの公演が決まっているそうで、こちらも見逃せないですね!! 楽市楽座、要チェックです!!


(text:ヌ〜コ/photograph:hiroshi maeda)
楽市楽座と楽楽楽団 live at Fandango 080413
楽市楽座と楽楽楽団
楽市楽座と楽楽楽団 live at Fandango 080413
楽市楽座と楽楽楽団

go to live report 080408 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 080426

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2008 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com