大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2008/7/11(FRI)   
『speshall vol.2』
kacica/ばきりノす/peck you!!/theorem

ばきりノす live at Fandango 080711
ばきりノす
peck you!! live at Fandango 080711
peck you!!
speshall vol.2。今回の出演4バンドをジャンル分けするならば、全て違うところにカテゴライズされると思う。 そこがポイント。ミソ。
まずトップバッターは、ばきりノすfrom大阪。女子二人組で、楽器なしのアカペラユニット。独特の優しい歌、 柔らかな動き、ほんと無添加でストレートでナチュラル。表情豊かで、観ているこちらの表情筋も弛んでくる。 癒しの空間。ライブハウスがこんな空気になる瞬間って稀だと思う。とてもいい空気がつくられて、 peck you!!に繋がれます。こちらもfrom大阪。彼のステージは毎回つくられ方が違うのです。 今日はどんなライブが観れるんだろうって毎回わくわくする。ちなみにこの日はギター弾き語りが中心。 (ちなみに前回は、ギター殆んど弾きませんでした。しかもpeckの友人がステージ上で本読んだり写真 撮ったりしているという、謎の空間。)今回、新しいCDを発売したとのことで、それに関するMCが笑いを ひいてましたね。「赤信号はHOT」という曲が1曲目に収録されていて、「赤信号はホット」という曲が2曲目に 収録されているんですよ。微妙に、表記が違うんですね。笑。ペックさんの、少し鼻にかかったような、 ぐいーっとのびる歌声は独特で、虜になってしまいます。CDも売れてました!続いては一転激しい音楽へ‥theorem from京都。 まだ活動年数も、メンバーの年齢も、若いんですが、それにしては深みのあるバンドで、 この日も、緊張が伝わってくる中でも彼らの熱を十分に感じることが出来ました。ダークで、変則的な曲構成が おもしろい。ハードコア寄りの叫びにも似た歌が混ざってまた厚みが出る。今後の更なる進化に期待です。 本当に楽しみ。続いてはkacica from奈良。観る度に毎回、彼らがステージから放出するエネルギーみたいな ものが、増している気がする。この日も大量のナニカが放出されてました。美里ちゃんの不思議な動きも進化 していましたよ。彼女の歌のすばらしさ、緊張感が漂うメンバーの演奏、混ざって、モワーッて感じです。 スモーク出てないのに出てる感じです。これは観たことがあるひとにしかわからないよね‥観たことない人は、 一度観て欲しいです。とりあえず、始まってから終わるまで、どの瞬間も見逃せないのですね。
第二回、濃厚な2時間半でした。いや〜濃かったですね。

次回、speshall vol.3は、9分の8拍子という謎のリズムを自在に操る最高最強のポップバンドnhhmbaseの レコ発です。新譜「波紋クロス」聴いて、集まりよし〜!


(text:ヌ〜コ/photograph:hiroshi maeda)
theorem live at Fandango 080711
theorem
kacica live at Fandango 080711
kacica

go to live report 080705 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go to live report 080712

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2008 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com