大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2009/10/3(SAT)    
『放送事故現場検証ツアー』
KAMOMEKAMOME/DEEPSLAUTER/
FUCK YOU HEROES/locofrank

DEEPSLAUTER live at Fandango 091003
DEEPSLAUTER
locofrank live at Fandango 091003
locofrank
6月に発売された「KAMOMEKAMOME」、「DEEPSLAUTER」、「FUCK YOU HEROES」 による3WAY split「放送事故現場」のリリースツアーが、10月3日、ここFANDANGOから いよいよスタートしました!その名も『放送事故現場検証ツアー』!! この日は血気盛んな猛者たちがステージ前を陣取って、ライブのスタートを待ちきれんと いった感じがひしひしと伝わってきます。この日のトップバッターは「DEEPSLAUTER」です。 高速ショートチューンと絶叫ハイトーンヴォーカル、血管ブチキレハイテンションなライブで、 15分で全9曲を全力疾走、あっという間の出来事に、唖然としてしまいました。 続いては地元大阪から「locofrank」が登場です。FANDANGOにも常連のように出演している彼ら、 この日は対バンの3バンドを意識してか、激しく重いリフが印象的な『From eighteen』からスタート。 いつもながらクオリティの高い曲と演奏力で、安定したライブを見せてくれますが、 この日の「locofrank」はここ最近のFANDANGOでのライブの中でも、選曲もステージングも 一番激しかったように思いました。そして、「元ヌンチャクの…」という説明などはもはや必要なし! 「KAMOMEKAMOME」がステージに現れ、ひときわ大きな歓声が湧きます。 これぞHARD COREといわんばかりのズッシリと重いリズム、HEAVY METALを彷彿とさせる繊細で 緻密に折り重なるツインギター、詩を朗読するように歌う個性的で圧倒的なヴォーカル、 誰にも真似できない唯一無二のライブは圧巻の一言でした!「KAMOMEKAMOME」が 最高に盛り上げたところで、ラストは「FUCK YOU HEROES」です。テンションMAXの オーディエンスのさらに上をいくテンションで繰り出されるキラーチューンの応酬に、 ダイブ、モッシュ、シンガロングと、フロアは無法地帯と化しています。 『放送事故現場検証ツアー』の名の通り、全てのバンドが事故現場を再現するようなとんでもない ライブで、初日からこの盛り上がりだと、ツアーの各地ものすごいことになっていることでしょう。 今回の事故現場を目撃した人も見逃した人も、次回のそこでしか味わえない衝撃的な瞬間は見逃さないように!!
(text:up/photograph:MOO)

KAMOMEKAMOME live at Fandango 091003
KAMOMEKAMOME
FUCK YOU HEROES live at Fandango 091003
FUCK YOU HEROES
go to live report 091002 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tolive report 091013

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999~2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com