大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango  pick-up  live link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

live report gif

    2009/12/16(WED)   
ELLIOT.C/Bacon/ギャーギャーズ/the brown

Bacon live at Fandango  091216
Bacon
ギャーギャーズ live at Fandango  091216
ギャーギャーズ
師走も後半で、夜の十三は極寒……でも今日のライブはその寒さに反抗的、まさに沸騰寸前でした! まず「あほーー!!」と叫びながら爆発するように登場したのはBacon!!お客さんはイスがあることも 忘れて全員起立!状態。“風にのっかって”で始まり、2曲ぶっとばしたあと、私のお気に入りの “泣き虫メロディー”です。軽快な弦の音、めだっているのに邪魔をしないドラムのリズムが なんとも耳に気持ちいい。最後の曲“カントリーロード”で、ギャーギャーズにバトンタッチ!! しょっぱな“お風呂屋さん”からハイスピードでガンガンとばしまくり、すぐに独特な爆音で ファンダンゴを充満させてしまいます!和風なロックというのでしょうか、彼らは他とは一味違う音で 聴く人の体を操ります。勝手に踊らされてしまいます。もう誰も外の寒さなんて思い出せません! 止まらぬ勢いのまま演奏が終わり、その後転換中なにやら空気に変化が。まさか……そうです! the brownです!!ライブが再開されるとともにホールは一気に妖美な雰囲気に切り替わり、 グラマーでセクシーなお姉さんがものすごい美声で唄い出します。鼻血が出そうです。 変則的なリズム、思わず首をふりたくなるような曲のオンパレード。ラストの曲“create the new world”の 最後の方はアドリブのようなのに、息がぴったり!その名の通り新しい世界を創り出していました。 ちなみにボーカルのお姉さんがバーカウンターに来たときむっちゃいい匂いしました……それはおいといて。 本日トリのELLIOT.C!!一曲目は“円”。ハイセンスな格好良いリフが脳みそを直撃、太い音がみぞおちの あたりをふるわせます。インストの曲も織り交ぜていって、MCなんかもう完全にクールで、暗くて遠くて よく見えないけど絶対全員イケメンや!と思いました。あー音楽やってる人って男女問わずなんで こんなカッコエエんやろ、熱い気持ちがあったら見た目に現れるんかなぁ〜なんて素朴に 思っちゃうような夜でした。「今年は暖冬」といわれてはいるものの、やっぱり寒い。 そんな冬の日にはファンダンゴへ!燃えるようなライブで体の芯から、いや、心の芯からポッカポカ間違いなしです!!
(photograph:MOO/text:クボ)
the brown live at Fandango  091216
the brown
ELLIOT.C live at Fandango  091216
ELLIOT.C

go to live report 091213 スケジュール インフォ pick-up リンクス ホーム E-MAIL go tsuruchan's fandango live report

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email:fandango@fandango-go.com